ことばの教育を問いなおす 国語・英語の現在と未来

  • ©NHK
  • 鳥飼 玖美子(立教大学名誉教授)
講師詳細

 学習指導要領の改訂や大学入学共通テストへの記述問題・民間試験導入で大きく揺れ動く国語教育・英語教育。この危機の時代に、「ことばの教育」にはそもそもどんな意味があるのか、そしてどうやって「ことばの力」を鍛えるのでしょうか。私たちの思考の根本をつくる「ことば」。子どもたちの未来をつくる「ことばの教育」を考えることこそが、いま大切です。

※「ことばの教育を問いなおす 国語・英語の現在と未来」(ちくま新書、840円税別)の新刊記念講座です。当日は書籍販売予定。
サイン会はありません。(2019.12/17記)

この講座は終了しました
日程
2020/1/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
*当日は「ことばの教育を問いなおす 国語・英語の現在と未来」(ちくま新書)を販売予定。サイン会はありません。(恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

鳥飼 玖美子(トリカイ クミコ)
 東京都に生まれる。上智大学外国語学部卒業。コロンビア大学大学院修士課程修了。サウサンプトン大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。長年、NHKテレビで英語番組を担当。著書に『歴史を変えた誤訳』(新潮文庫)、『戦後史の中の英語と私』『通訳者と戦後日米外交』『英語教育論争から考える』(以上、みすず書房)、『国際共通語としての英語』『本物の英語力』『話すための英語力』(以上、講談社現代新書)、『英語教育の危機』(ちくま新書)などがある。