【教室受講】午前四時の言葉たち 「心はどこへ消えた?」刊行記念
  • 教室・オンライン同時開催

  • ©朝日新聞社
  • 東畑 開人(白金高輪カウンセリングルーム、十文字学園女子大学准教授)
講師詳細

 コロナの年に書き綴られた週刊連載は、「心はどこへ消えた?」という問いに突き当たった。グローバル資本主義や感染症、地球温暖化などの「大きすぎる物語」に取り囲まれた私たちは、心という「小さすぎる物語」を失いやすくなっている。心とは何か、物語とは何かを、小さなエピソードたちを積み重ねることで描き出した新刊について著者自ら語る。今回は収録されたエッセイの中でも代表的なものである「午前四時の言葉たち」を実際に朗読しながら、心について考えてみたい。(講師・記)

★「心はどこへ消えた?」(文藝春秋)を講座当日会場にて先行販売予定です。サイン会も行います。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。こちらは教室受講用の受付です。オンライン受講を希望される方はリンク先からお申込みください。→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/a99fb1d2-3a17-255d-6c58-60d31ebbca2c
・本講座はメールアドレスのご登録がある受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は何度でもご視聴いただけます。

日程
2021/8/28
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

東畑 開人(トウハタ カイト)
1983年東京生まれ。京都大学教育学部卒、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。沖縄の精神科クリニックでの勤務を経て、現在、十文字学園女子大学准教授。博士(教育学)・臨床心理士。著書に『美と深層心理学』(京都大学学術出版会2012)、『野の医者は笑う―心の治療とは何か』(誠信書房2015)、『北山理論の発見』(共著・創元社2015)、『日本のありふれた心理療法―ローカルな日常臨床のための心理学と医療人類学』(誠信書房2017)、『居るのはつらいよ』(医学書院2019)。『居るのはつらいよ』大佛次郎論壇賞。専門は、臨床心理学・精神分析・医療人類学。2017年3月、「白金高輪カウンセリングルーム」を開業。
http://stc-room.jp/