ドイツ音楽入門 リヒャルト・シュトラウス(1)

  • 広瀬 大介(青山学院大学教授)
講師詳細

 ドイツの音楽に親しむ。いやいや、バッハに始まり、モーツァルト、ベートーヴェンなど、もうすでに十分親しんでいるぞ、という聴き手の方も多いことでしょう。この講座では、
なぜそれらの音楽が「ドイツ」っぽく聞こえるのか、ということに焦点を当て、時代を追って考えてみたいと思っています。その秘密を探る鍵は、複数の旋律を重ねる「ポリフォニー」、瞬間の響きを形作る「和声」、そしてソナタ形式に代表される「楽曲形式」の完成にあると考えます。楽譜は用いますが、特別な知識は必要ありません。ともにドイツ音楽の秘密を解き明かしていきましょう。(講師記)

<日程とテーマ>

7/13:若き日の絶対音楽: ヴァイオリン・ソナタを中心に
8/10: 絶対音楽から交響詩へ: 『ドン・ファン』『死と浄化』
9/14:若き日の歌曲: 作品10、24など 『献呈』『万霊節』『乙女の花』など

〈注意事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。
簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みは開講日の3日前までHPのみで承ります。なお、定員になり次第
受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。
その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内を
メールでお知らせいたします。モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)
は弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、なるべく使用しないよう
お願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com まで
お問合せください。
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上、
ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたし
ます。受講者は期間内に何度でもご視聴いただけます。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。
またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した
教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。


       

お申し込み

注意事項

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。

日程
2020/7/13, 8/10, 9/14
曜日・時間
第2週 月曜 10:15~11:15
回数
3回
受講料(税込)
会員 6,930円 一般 7,590円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

広瀬 大介(ヒロセ ダイスケ)
1973年生まれ。青山学院大学教授。日本リヒャルト・シュトラウス協会常務理事・事務局長。著書に『帝国のオペラ』(河出書房新社、2016年)、『リヒャルト・シュトラウス 自画像としてのオペラ』(アルテスパブリッシング、2009年)等。「レコード芸術」誌等への評論のほか、NHKラジオへの出演や、演奏会曲目解説、オペラ公演・DVDの字幕制作、CDライナーノーツ等への寄稿多数。