和(なごみ)の音  ホッとするチェロとピアノの小さなコンサート

  • 寺山 心一翁(意識の超越理論創案者、チェリスト)
  • 藤井 祥子(ピアニスト)
講師詳細

クラシックの美しいメロディの中から、皆様がよくご存じの曲、懐かしい曲を選び、藤井祥子さんと、愛と喜びとを込めて演奏します。ソロとデュエットを織り交ぜて、皆様の心が和みますよう、また、演奏者もワクワクしながら、会場全体で音楽を楽しむ講座にしたいと思います。(寺山・記)
長年、音楽の仕事に携わって参りましたが、寺山先生の「意識の超越理論」を受講した時、音楽は、芯から人に喜びを与えるものであると感じ、改めてその素晴らしさに触れた思いがいたしました。音楽の目指すものは、このような世界ではないかと大きく魂を揺さぶられたのです。この度、ご一緒に講座を務める機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。心をこめて演奏いたします。(藤井・記)  

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました
日程
2019/8/6
曜日・時間
火曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,888円 一般 4,536円

講師詳細

寺山 心一翁(テラヤマ シンイチロウ)
) 1936年東京生まれ。早稲田大学で物理学を学び、卒業後東芝に入社。半導体素子の開発・製造・企画に従事。その後早大助手などを経て経営コンサルタントとして独立。84年に腎臓がんを患い、「数か月の命」といわれながら退院し、多くの気づきからホリスティックな癒しのなかでガンが自然消滅する。その後、愛用のチェロを片手に世界各地で、自らの体験をもとに自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。2009年6月にはアメリカサトルエネルギー・エネルギー医学学会(ISSSEEM)よりDoug Boyd Wisdom Keeper Awardを受賞。同学会前ボードメンバー 。元日本ホリスティック医学協会常任理事。前サトルエネルギー学会理事長、現在(有)寺山心一翁オフィス代表、ホリスティック経営コンサルタント、フィンドホーン財団フェロー。日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長、著書に『がんが消えた~ある自然治癒の記録』(日本教文社)、『フィンドホーンへのいざない』(サンマーク出版)、がある。
藤井 祥子(フジイ サチコ)
国立音楽大学ピアノ科卒。皇居桃華楽堂にて御前演奏を行う。NHK・FM「午後のリサイタル」「名曲コンサート」等に出演。家族全員、夫(クラリネット)長女(ピアノ)次女(フルート)が音楽家という環境の中、多彩な演奏経験を活かし、現在、音大受験の指導をはじめ、楽しみながら必ず上達する、をモットーに「子供たちや大人のためのピアノ教室」を主宰している。