漢字世界としての古代日本

  • 神野志 隆光(東京大学名誉教授)
講師詳細

 わたしたちは漢字で読み書きしてきました。自分たちのことばに文字をもたなかったなかに漢字を受け入れ、漢字とともに生きてきたのです。そのことにきちんとむきあわねばなりません。古代日本列島の人びとが固有の言語と文明をもっていたことは確かです。しかし、その固有性を自明の前提にして考えてよいのでしょうか。歌や神話や伝承は、はじめからあったものなのでしょうか。それは、漢字による読み書きによって見出されたものとして見直してみるべきではないか。古代を、文学の立場(古事記・日本書紀・万葉集等へのアプローチ)から根本的に再考したいのですが、2020年1月からは万葉集について考えようとしています。(講師・記)

※2018年7月開講

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

※補講日が決まりました。7/7(火)の13:00~14:30に行ないます。
※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/7も休講になりました。補講日は未定です。(1/1は調整中の為、仮日程です) 3/31記
※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、3/3は休講いたします。補講日は4/7に行ないます。

日程
2020/1/14, 2/4, 7/7
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
持ち物など
・指定テキストはございません。当日資料をお配りします。

その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

神野志 隆光(コウノシ タカミツ)
1946年生まれ。和歌山県出身。東京大学大学院博士課程中退。文学博士。東京大学大学院総合文化研究科教授教養学部・教授を経て、東京大学名誉教授。専門は日本古代文学。主な著書に、『古事記の達成』(東京大学出版会)、『古事記と日本書紀』『日本とはなにか』『複数の古代』(ともに講談社現代新書)、『変奏される日本書紀』『漢字テキストとしての古事記』『万葉集をどう読むか』(ともに東京大学出版会)、『本居宣長『古事記伝』を読む』(Ⅰ~Ⅳ、講談社選書メチエ)などがある。