ガッシュで描く面白い水彩表現 風景スケッチ編

  • 横森 幹男(立軌会)
講師詳細

 透明水彩絵の具と不透明水彩絵の具(ガッシュ)は、それぞれ特性を持った絵の具ですが原料は同じです。描き方は様々で、感性を持った表現ではガッシュが優れています。
 講座では、ガッシュ(不透明水彩絵の具)やインク、ペンなどを使い、静物、風景、人物を描きます。水彩画の表現の幅を広げ、絵画空間を意図した楽しくいい水彩画を描けるように指導します。空間や構成を意識して、自分の感性で作品制作を行いましょう。

野外スケッチ 10:30~15:30 (途中休憩あり)
写生案内は5月に郵送します。現地集合解散・雨天順延。

★カリキュラムごとのお申込みも承ります。
静物編 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/c86cce92-9cdb-5d69-d29e-5e1eabec835a

人物編 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/2c9f4114-bb20-b338-1c82-5e1eae1881a3

お申し込み

注意事項

写生案内は5月に郵送します。直前の申し込みは 写生案内の郵送が間に合わないことがあります。
集合場所などは HPでご確認ください。

日程
2020/5/19
曜日・時間
火曜 10:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,380円 一般 7,480円
教材費(税込)
-
持ち物など
スケッチ道具(水彩、ガッシュなど自由)、スケッチブック4号程度。0号のノートがあるとよい。折りたたみ椅子があると便利です。途中、昼食の休憩時間を設けます。お弁当、または周辺の飲食店など各自でご利用下さい。写生案内は5月に郵送します。 
その他
野外写生は、前日17時に気象庁発表の天気予報(電話03-177。)で、当日正午までの降水確率40%以上の場合には翌週に順延。カルチャーセンターからの中止連絡は致しません。判断に迷う際には、前日20時まで、当日9時30分以降に、℡03-3344-1946へお問い合わせください。

講師詳細

横森 幹男(ヨコモリ ミキオ)
1944年東京都生まれ、1968年東京芸術大学油画科卒業。1970年同大学院修了。1975年フランス政府給費留学生として渡仏、パリ国立高等美術学校(アトリエ、P.Mattey)に学ぶ。和の会(和光)、光の会展、交差展、立軌展ほか。個展多数。現在は立軌会同人。