永沢まことのカフェスケッチ

  • 講師作品
  • 永沢 まこと(イラストレーター)
講師詳細

 さまざまな人が行き交う街の風景に欠かせないカフェ。本を読んだり、スマートフォンを見たり、人々が思い思いの時を過ごします。そんなカフェの風景を、ペンでスケッチしてみませんか。
テーブルやコーヒーカップを配置し、カフェに見立てた教室内で、ペンの線を活かしたスケッチを学びます。サンドイッチ、ケーキ、スマートフォン、文庫本、ペンケースなど描きたいアイテムがある方は組み合わせて描くことも可能です。
講師の新著『絵を描くなら東京が面白い』で描いた作品の解説も行い、都市スケッチの魅力と人物画の楽しみを語ります。

お申し込み
日程
2019/11/30
曜日・時間
第5週 土曜 15:30~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,500円 一般 6,160円
持ち物など
<各自ご用意ください>描きたい卓上アイテムがある方は1つお持ちください(サンドイッチ、ケーキ、スマートフォン、文庫本、ペンケースなど)、透明水彩絵具セット(手持ちのものか、市販の手軽なもの)、エンピツ、消しゴム、黒色の耐水性サインペン「中」と「細」を1本ずつ、F4サイズの水彩紙もしくはA4サイズ位の画用紙を1枚(スケッチブック可)
その他
<参考テキスト>永沢まこと著 『絵を描くなら東京が面白い ペン1本のスケッチ上達術』(玄光社刊)

講師詳細

永沢 まこと(ナガサワ マコト)
イラストレーター・絵描き。1936年生まれ。学習院大政経学部卒。アニメーターとしての活躍の後フリーに。NYに8年在住する中で、「題材をかならず直接に観察して線で描く」を具象絵画の表現の基本とする独自の方法、いわゆる「線スケッチ」を確立。この方法により、数多くの個性的な新人作家を育成したことでも知られる。著書に「永沢まことの街歩きスケッチ入門」(玄光社)、「永沢まことのとっておきスケッチ上達術」(草思社)、「絵を描きたいあなたへ」、「画集・海辺のイタリア」(いずれも講談社)他。
永沢まことオフィシャルブログ http://makoart.exblog.jp/