「源氏物語」と「国宝・源氏物語絵巻」 シリーズ・日本三大絵巻の世界

  • 佐野 みどり(学習院大学教授)
講師詳細

『源氏物語』をヴィジュアルに楽しみたいという願望は、多くの絵画作品を生みました。「国宝・源氏物語絵巻」は、現存するその最も早い作例です。ここには貴族の時代から武士の時代へと転換しつつある12世紀の貴族文化の爛熟した美意識がよく現れています。平安時代の造形力を結集して作られた「国宝・源氏物語絵巻」は、人々が『源氏物語』をどのように読み解いたのか、そこに何を求めたのか、を物語ってもいます。講座では、「国宝・源氏物語絵巻」の表現と構想を考えていきたいと思います。(講師・記)

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話03-3344-1941で

注意事項

<WEB割引キャンペーン対象講座です>
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/6578c7c4-3d01-e6fd-0975-601e546fb3fc
※【WEB割】専用ページが定員になり次第、こちらからの受付申込が可能になります。

日程
2021/6/24
曜日・時間
木曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<テキスト>プリントを配布します。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

佐野 みどり(サノ ミドリ)
美術史家、武蔵野美術大学享受、成城大学教授、学習院大学教授などを経て、美術論文誌『国華』主幹。専門は日本美術史、芸術学
著書:『源氏絵集成』(藝華書院、2013)、『じっくり見たい源氏物語絵巻』(小学館、2000)、『風流 物語 造形』(スカイドア1997、第一回紫式部学術賞)など