香りで楽しむ源氏物語 冬の御殿 源氏明石香

  • 栗原 香扇(香道直心流師範)
  • 小笠原 香貞(香道直心流師範)
講師詳細

今からおよそ1400年前、香は朝鮮半島を経て、仏教とともに我が国に渡来しました。時代の変化と共に香は「香道」として発展し、現在に至ります。
特に日本独自の香の文化が花開いた平安時代。時代を代表する文学である「源氏物語」の中から、「明石の巻」をイメージした香席を行います。須磨に配流された光源氏が、明石に移り出会った明石の君。都に移り、六条院完成後には「冬の御殿」のあるじとなりました。明石の君に思いを馳せながら、冬の香りを楽しみましょう。
ゆったりとした椅子席で、初心者でもわかりやすいよう資料を基に解説し、香席での基本的なマナーも紹介します。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/11/30
曜日・時間
土曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,180円
教材費(税込)
教材費 880円
持ち物など
<各自ご用意ください>筆記用具

講師詳細

栗原 香扇(クリハラ コウセン)
香道直心流師範。伏籠教授。区民講座、市民講座、博物館講座、大学香道部などで講師として活躍中。2001年より香道普及のため、中国を訪問。各都市で交流、好評を博している。
小笠原 香貞(オガサワラ コウテイ)