【オンライン受講】デジタル教育の光と闇 オンライン講座 子供の未来を守るために、私たち大人ができること
  • 教室・オンライン同時開催

  • 堤 未果(国際ジャーナリスト)
  • 久保 敬(大阪市立木川南小学校校長)
講師詳細

コロナ禍で急速に進む、電子教科書にオンライン授業、GIGAスクール構想にムーンショット計画・・・
個々の生徒に合わせて内容が変わるA I学習アプリの効果は劇的で、いずれ教師は要らなくなるという。
だがデジタル技術は使い方次第で、子供の未来を光にも闇にも変える。
鍵を握るのは、私たち大人の選択だ。
<子供達はもう十分追い詰められている。生き抜く社会ではなく、生き合う社会を作ってやりたい>
今年5月、「公教育はどうあるべきか真剣に考える時が来ている」という文章を行政に出して話題を呼び、競争と効率で疲弊する学校現場から「学び」とは何かを問い続ける久保敬校長と、世界における”デジタル教育の光と闇”を取材した気鋭の国際ジャーナリスト堤未果が、迫り来る子供達の未来を語り合う。豪華特別トークライブ!

※『デジタル・ファシズム 日本の資産と主権が消える』(NHK出版)の出版記念講座です。
当日は書籍販売やサイン会を予定。


〈ご案内事項〉
・ 本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・ 本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ 配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・ 開講日の前日夜までに、受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・ 第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・ オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで 承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

受付一時中止

注意事項

※日程調整中のため、受付を一時停止しております。(2022/1/1の日程は仮です)

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/218344b3-7b22-6f23-052a-6151b59b72a7
・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は中之島教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/1/1
曜日・時間
土曜 01:00~02:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
設備費(税込)
110円

講師詳細

堤 未果(ツツミ ミカ)
国際ジャーナリスト。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業。ニューヨーク市立大学院国際関係論学科修士号。国連、米国野村證券を経て現職。米国の政治、経済、医療、福祉、教育、エネルギー、農政など、徹底した現場取材と公文書分析による調査報道を続ける。「朝まで生テレビ」「羽鳥のモーニングショー」「プライムニュース」「ホンマでっか?!TV」「NHKクローズアップ現代」「NHK100分de名著」「NHKマイ朝ラジオ」「J-WAVE Jam the World」他、メディア出演多数。「アメリカ弱者革命」で日本ジャーナリスト会議黒田清賞。「ルポ貧困大国アメリカ」(岩波新書)(3部作)で中央公論新書大賞、2009年に日本エッセイストクラブ賞。「岩波書店100周年〜読者が選ぶ岩波本」で著書二冊がトップ10入り。多くの著書は海外でも翻訳されている。「政府は必ず嘘をつく(角川書店)」「社会の真実のみつけ方」(岩波ジュニア新書)、「日本が売られる」(幻冬舎新書)「株式会社アメリカの日本解体計画」(経営科学出版)「デジタル・ファシズム」(NHK新書)等多数。オンライン番組「月刊アンダーワールド」キャスター。
久保 敬(クボ タカシ)
1961年10月21日生まれ。1985年、大阪市立啓発小学校に新卒で赴任。1993年より大阪市立豊里小学校、1999年より大阪市立神津小学校に勤務。神津小学校では、地域人権教育推進委員会事務局として北区・淀川区・東淀川区の人権教育の推進を担う。2006年より大阪市教育センター指導主事、2010年より大阪市立波除小学校教頭、2013年より大阪市教育センター総括指導主事、2016年より大阪市立生野南小学校長、2018年より大阪市立木川南小学校長。現在、大阪市外国人教育研究協議会会長を務める。2008年より月刊誌「ヒューマンライツ」に4コマまんが「ガッツせんべい」を連載。