ショパン「バラード」第一番 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 加藤 一郎(国立音楽大学教授)
講師詳細

 シリーズ「作曲家でたどる音楽史」第6回。 
 ショパンはバラードというジャンルを初めてピアノ音楽に取り入れた作曲家であった。彼はどのようなことを意図してこのジャンル名を用いたのであろうか?そして、ルバートやペダリング、フレージング等、彼独特のピアニズムがこの曲にどのように活かされているのであろうか?それらも含め、ショパンがこの曲の中で最終的にどのような音楽を求めたかについて、自筆譜や弟子の楽譜への書き込み等を参考にしながら、具体的に考察する。 (講師・記)

〈オンライン講座シリーズ作曲家でたどる音楽史〉
第1回 バッハ「マタイ受難曲」 角倉 一朗(東京芸術大学名誉教授) 4月開催
第2回 モーツァルトの「レクイエム」考 小宮 正安(横浜国立大学教授) 4月開催
第3回 ベートーヴェン「運命」 平野 昭(音楽評論家) 6月開催
第4回 シューベルト「未完成」 堀 朋平(国立音楽大学講師)7月開催
第5回 シューマン ピアノ協奏曲 舩木 篤也(音楽評論家) 8月開催
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/bf067efd-deeb-5937-9cf9-
第6回 ショパン バラード第一番 加藤一郎(国立音楽大学教授) 10月開催
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/5d3d195f-d953-6b5d-bf51-60ee923d7bc4
第7回 ワーグナー「ワルキューレ」 山崎 太郎(東京工業大学教授) 11月開催
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/cead25a9-9fae-4387-3186-60f5574138a2
第8回 ブラームス 交響曲第一番 西原稔(桐朋学園大学教授) 12月開催
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/68b0ac5a-0fa9-a110-fe95-60f557e2139e

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/30
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 3,883円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

加藤 一郎(カトウ イチロウ)
東京藝術大学卒業。各地でリサイタル、協奏曲、室内楽、伴奏等の演奏活動を行い、NHKTV/FM等に出演する。著書に『ショパンのピアニスム』(音楽之友社)、『ショパンによるバロック音楽の受容に関する研究』(ヤマス文房)等があり、バッハ、ショパン、リストを中心に論文多数。ポーランド国立ショパン研究所、ヨーロッパ・ピアノ教育連盟、韓国ピアノ協会、日本ピアノ教育連盟等における講演、国内外で公開レッスンやマスターコースの講師、コンクールの審査を行う。文科省科学研究費専門委員を歴任。現在、国立音楽大学教授、日本ショパン協会理事、日本ピアノ教育連盟評議員・中央運営委員長。