• トライアル可

やりなおすフランス語文法 オンライン講座

  • 中山 慎太郎(学習院大学講師)
講師詳細

 「フランス語文法を思い出したい」、「フランス語の基礎を学んだけど文法に不安がある」、「文学作品や新聞を読みたいけどまだ難しい」、「仏検に挑戦してみたい」と考えてらっしゃる方、易しいフランス語からなるテキストを読みながら初級文法をおさらいし、より高度なフランス語を読解するためのフランス語力を身につけましょう。
 文法を復習し、読解力を向上させることを主な目的としますが、歴史・地理・文化・政治・経済・社会問題など様々なテーマを扱った文章を通して、フランス語で書かれた文章を読むために必要な歴史的・文化的背景なども学んでいきます。
 1年程度の学習経験者対象。(講師・記)

<テキスト>各自ご用意ください。
時事フランス語 -2020年度版-
À la page 2020 – variétés françaises -
朝日出版社
(2020年度版なのでお気をつけください。)
https://text.asahipress.com/french/detail.php?id=1684

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ(Google Meet)を使ったオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。講師は教室。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・ブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
・受講者のお名前や映像・音声がクラス内で共有されます。予めご了承ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はasaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Google Meetのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
・キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・開講1~2日までに、資料およびGoogle Meet招待メールをお送りします。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご参加下さい。
・ブラウザはGoogle Chromeを推奨します。
● 途中受講可否: 可能

日程
2021/4/3, 4/17, 5/15, 5/29, 6/5, 6/19
曜日・時間
第1週・第3週 土曜 15:15~16:45
回数
6回
受講料(税込)
会員 22,440円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>各自ご用意ください。
時事フランス語 -2020年度版-
À la page 2020 – variétés françaises -
朝日出版社
(2020年度版なのでお気をつけください。)
https://text.asahipress.com/french/detail.php?id=1684

講師詳細

中山 慎太郎(ナカヤマ シンタロウ)
1978年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程満期退学。ローヌ・アルプ県研究奨学生としてリヨン第二大学に留学。学習院大学、拓殖大学講師。特に1960-70年代におけるフランス抒情詩を、近代以降の抒情詩の文脈のなかで考察することを目的としている。論文に、“ La prosaïsation du vers dans les sonnets de Philippe Jaccottet ”、 『学習院大学文学部研究年報』、 60号、 2013年、「現代詩人と世界――ジャック・レダにおける反特権の詩学」、『O-M 2011-2012』、学習院大学人文科学研究所、2012年などがある。