小説を書いてる人の相談室 入門から上級者まで

  • 中島 たい子(作家)
講師詳細

「なかなか思ったように小説が書けない」、「終わりまで書けたことがない」、「人が読んで面白いものが書けているのか、自分でわからない」等、初心者でも上級者でも、独りで書いていると悩んでしまい、筆が進まなくなることがあります。孤独な作業の中で解決方法が見つからないのはつらいものです。
この講座では、そのようなライターズブロックを乗り越えるお手伝いをしていきます。書き手の悩みをシェアし、基礎に立ち戻って考えることで、自然と解決の道が見えてきます。
毎回受講者から「お悩み」を聞いて、いくつかトピックスを選び、解決法を考えていきます。講義を聴くだけでなく、演習や、意見交換などインタラクティブな形式で参加していただきますので、この機会に、聞きたいこと、悩んでいることを講師に、他の受講者の方にもどんどん聞いて、執筆の力にしてください。(講師・記)
※小説作品の提出はございません。

お申し込み
日程
2020/11/28, 12/26
曜日・時間
第4週 土曜 10:30~12:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

中島 たい子(ナカジマ タイコ)
1969年東京生まれ。多摩美術大学卒。脚本家を経て、2004年「漢方小説」で第28回すばる文学賞を受賞。著書に「院内カフェ」「パリのキッチンで四角いバゲットを焼きながら」「かきあげ家族」など。