壁画で読み解く古代エジプト

  • 秋山 慎一(早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所)
講師詳細

古代エジプト美術は世界中の人々を魅了し、ツタンカーメンの遺物やネフェルタリ王妃墓の壁画など、ヒエログリフが添えられていることもしばしば見かけるところです。何が書かれているのでしょうか。
この講座では添えられているヒエログリフを読むことで、描かれた図像の意味を銘文を通してよりリアルに忠実に読み解いて参ります。よく知られたツタンカーメンやネフェルタリ王妃墓の例などを題材として、ヒエログリフの解読法、文法の基礎知識を学び、背景となる文化にまで、ゆっくり、丁寧に、着実に、楽しく進めて参ります。(講師・記)

第1回 ツタンカーメンでヒエログリフ表記法を学ぶ
第2回 王名を読んでみよう
第3回 ネフェルタリの壁画を読む ※各回テーマは変更になる場合がございます。

お申し込み

注意事項

・休講3/10→休講4/14→補講6/23 となります。
・教室が変更になりました。
・全日程1号教室です→2/25は11号教室に変更です。

日程
2020/1/14, 2/25, 6/23
曜日・時間
第2 火曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,880円
教材費(税込)
教材費 330円
持ち物など
<テキスト>プリントを配布します。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

秋山 慎一(アキヤマ シンイチ)
1956年群馬県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、早稲田大学商学部非常勤講師、文学部非常勤講師、中央大学文学部非常勤講師などを歴任。専攻 エジプト学。著書に『やさしいヒエログリフ講座』(原書房)、『古代エジプト文字を読む事典』(東京堂書店)などがある。