新西洋美術史 美術と時代・社会

  • 千足伸行講師
  • 千足 伸行(成城大学名誉教授)
講師詳細

 1789年のフランス革命とその後のナポレオン時代に直面し、フランスはかつてない激動の時代を迎えます。ルイ15世の治世のロココ美術の後、その反動として出てきたのがルイ16世時代の新古典主義です。快楽追求型のお気楽なロココ美術に対し、ダヴィド、アングルといった画家たちはシンプルで格調高い古代美術に彼らの理想を発見しました。以後、19世紀美術はフランスを中心に展開してゆきますが、今回はアングル、ダヴィドのようなビッグネーム以外の画家、彫刻家も取りあげるつもりです。

(1)4/18:ロココから新古典主義へ:グルーズ他 ⇒休講
(2)5/2:美の故郷は古代にあり:ヴィンケルマン⇒休講
(3)5/16:ナポレオン時代のヒーロー:ダヴィド⇒休講
(4)5/30:ギリシャをすべての上に:アングル⇒休講
(5)6/20:新古典主義からロマン主義へ

(講師・記)






この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

受付一時中止

注意事項

■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、6月の土日の講座を休講いたします。6/20休講→補講日(1/4)は調整中のため、仮日程です。(5/8更新)
■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/30休講→補講日(1/3)は調整中のため、仮日程です。(5/8更新)
■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/16休講→補講日(1/2)は調整中のため、仮日程です。(4/24更新)
■新型コロナウイルス感染拡大予防のため、4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/2休講→補講日(1/1)は調整中の為、仮日程です(4/21更新)
■日程が変更になっております。ご注意ください。7/4追加。(過去変更)

日程
2020/7/4, 1/1, 1/2, 1/3, 1/4
曜日・時間
土曜 10:15~12:15
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

千足 伸行(センゾク ノブユキ)
1940年生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。専門は北方ルネサンス、近代絵画。東京放送(TBS)を経て国立西洋美術館に勤務。退職後、成城大学文芸学部教授となり、現在に至る。その間ミュンヘン大学に留学。主な著書:『ロマン主義芸術』(美術出版社)、『北方ルネサンス絵画』(講談社)、『ゴッホ』(朝日グラフ増刊、朝日新聞社)、『アール・ヌーヴォーの世界(Ⅱ)』(学習研究社)、『新西洋美術史』(西村書店)、『アール・ヌーヴォーとアール・デコ:甦る黄金時代』(小学館)ほか。