西行和歌の聖地 ─吉野・高野・熊野─

  • 水分神社の西行像
  • 西澤 美仁(上智大学名誉教授)
講師詳細

西行は和歌という表現を使って、日本人の心の一番奥にある聖性をうたった人です。今ではすっかり桜の名所となった「吉野」を詠んだ西行和歌を見てゆくと、そのことははっきりとわかりますが、高野・熊野・大峯・伊勢などを詠んだ西行和歌と対照することで、一層明確になるようです。折口信夫も前登志夫も西行和歌の最高傑作と評価したのは「吉野山桜が枝に雪散りて花遅げなる年にもあるかな」だったことから始めたいと思います。 (講師・記)

お申し込み
日程
2021/4/15, 5/20, 6/17
曜日・時間
第3週 木曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

西澤 美仁(ニシザワ ヨシヒト)
1953年愛知県生まれ。東京大学卒業。上智大学名誉教授。著書『西行―魂の旅路―』(2010)の他、明治書院・和歌文学大系『山家集・聞書集・残集』(2003)で『山家集』の注釈を担当。2009年「西行学会」を設立し、代表を務める。