• 見学可

かな書道Ⅲ
  • 教室開催

  • 岩井 秀樹(日展会友)
講師詳細

かなを美しく書きたいということは、私たち日本人の等しく願いとするところです。パソコンが普及し、活字専横の昨今、現代に生きる暮らしの造形として、かなの美しさを再検討してみたいと思います。
かな書道Ⅰ桑田笹舟筆『かなの美』をテキストとして、いろは単体、変体かな、連綿、四行書(配字と接続)、ちらしまで、かなの基礎をわかりやすく解説します。
かな書道Ⅱかな古筆(関戸本古今集)の臨書と、コピー手本による半紙版ちらしの学習を行います。
かな書道Ⅲ古筆臨書から倣書・中字・大字の研修へと進みます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み
日程
2021/10/7, 10/14, 10/21, 11/4, 11/11, 11/18, 12/2, 12/9, 12/16
曜日・時間
第1・2・3 木曜 10:00~12:30
回数
9回
受講料(税込)
会員 34,650円 
設備費(税込)
1,485円
持ち物など
<持ち物>
・教室内でご案内いたします。
・硯、文鎮は教室に備え付けのものがあります。

講師詳細

岩井 秀樹(イワイ ヒデキ)
1955年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。東山一郎に師事し「かな」を学ぶ。現在、日展会友、読売書法会常任理事、謙慎書道会常任理事、聖徳大学教授、東龍文会会長。