アダルト・チルドレンからの脱出

  • 金盛 浦子(東京心理教育研究所所長)
講師詳細

 アダルト・チルドレンである自分の中の「悪魔の私と天使の自分」をみつめていきます。自分の中から沸き上がってきた思い、感情を素直に語り、また的確なコメントによるグループトークの中で、二重三重の気づきとなり、ありのままの自分を許し、過去が意識化され、自分の内面を静かに見つめていくことができるようになります。今までにない軽やかな日々へと、そして豊かに美しく変身することで、積極的に行動することができるようになるでしょう。(講師・記)   

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

●教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2019/7/15, 8/5, 8/19, 9/2
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 12,960円 
その他
●教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

金盛 浦子(カナモリ ウラコ)
1937年東京生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業。聖マリアンナ医科大学精神神経科、東京大学付属病院分院神経科において研究生として心理臨床経験を積む。1978年東京心理教育研究所を開設。1990年より、自遊空間SEPY(セピィ)を主宰。セラピスト・臨床心理士・芸術療法士としてカウンセリングにあたるとともに、自律訓練法・呼吸法・気功法などを通して、硬くなった心をほぐすレッスンを行っている。著書に『男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ』(静山社文庫)、『ウエルカム・エイジング』(佼成出版)、『伸びる子・できる子の親の日常』(さくら舎)など多数。