日本語オノマトペで、英会話も楽しく

  • 講師著書
  • きのとりこさん
  • きの とりこ(絵本作家・イラストレーター)
講師詳細

日本語は、擬音語・擬態語がとても豊富な言語です。その面白さをイラストレーションとともに英語と日本語で紹介した、拙著『おなかぺこぺこオノマトペ』は日本語学習者の教材にもなっています。外国人にとって、どこが魅力的で、どこが難解なのでしょうか?文学作品・童謡・マンガ等に使われたオノマトペを参考に、和英の文の構造や表現方法、言語感覚の違いを知り、国際交流の場に活かしましょう!(講師・記)

お申し込み
日程
2021/4/17
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<テキスト>プリント資料を配布します。
参考図書:「おなかぺこぺこオノマトペ」(千倉書房)1,650円(税込)
     ISBN:978-4-8051-1183-3
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

きの とりこ(キノ トリコ)
東京生まれ。幼少期をオーストラリアで過ごし、マザーグースなどを愛読して育つ。青山学院大学文学部英米文学科卒業後、フリーのイラストレーターとして「木野鳥乎」の名前で広告や出版物などの制作に関わり、現在に至る。いっぽう絵本は、企画と執筆、造本も含めた作品を "KINOTORIKO(きのとりこ)"の表記で発表している。2003年2004年ボローニャ国際絵本原画展入選を機に、同入選作他がイタリアやフランスなど国内外の図書館・美術館に収蔵される。自然科学・語学・哲学をテーマに、読者参加型の「遊べる絵本」を多く手がけている。http://www.kinotori.com