歴史にひそむエロティシズム 植島啓司・人類学講義

  • 撮影:森川由美
  • 植島 啓司(宗教人類学者)
講師詳細

 今回は「歴史」や「事件」にひそむ真実、そして、エロティシズムについてどう考えるのか議論したいと思っています。そのために近代の中国、韓国、レバノンを描いた映画からそれぞれ一つづつ選んでみました。どれもアカデミー賞などよりはるかにすぐれた作品ばかりです。映像を見ながら、できるだけぼく自身の体験とあわせてお話しできればと思っています。(講師・記)

01ラスト、コーション(中国)
02お嬢さん(韓国)
03灼熱の魂(レバノン)
※講義内容は変更になることがあります。

お申し込み
日程
2019/10/5, 11/2, 12/7
曜日・時間
第1週 土曜 18:30~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,880円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

植島 啓司(ウエシマ ケイジ)
1947年東京生まれ。宗教人類学者。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学専攻)博士課程修了。シカゴ大学大学院に留学後、NYニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書に『快楽は悪か』(朝日新聞出版)、『男が女になる病気』(朝日出版社)、『賭ける魂』(講談社現代新書)、『聖地の想像力』、『偶然のチカラ』、『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』、『生きるチカラ』『日本の聖地ベスト100』(いずれも集英社新書)、『熊野 神と仏』(原書房、共著)、監訳『図説 聖地への旅』(原書房)など。