冬の里山「21世紀の森と広場」で水湿地植物の観察 季節の花に出会う

  • 山田 隆彦(日本植物友の会副会長)
講師詳細

千駄堀に残されている貴重な自然を活かして作られた広さ50.5haの敷地は周囲を林に囲まれており里山の冬の姿です。小川や池、広大な芝生広場、希少な自然とそこに生息する生き物が見られる公園です。ハンノキの種子がどのように散布されるか、キチジョウソウの果実、カツラ種子などを観察します。(講師記)

◆集合場所などの詳細は、<持ち物など>を必ず、ご覧下さい。<*昼食用お弁当は、必ずご持参。>
(*コース・解散時間は変更する場合もございます。)
(*花の開花により観察できない場合もございます。)

八柱駅----21世紀の森と広場----パークセンター----自然観察舎----野草園・みどりの里----八柱駅(14:30頃 解散予定)

◆現地集合解散
*当日の欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)にプロジェクト事業本部〈℡03-3344-2041〉まで。 



申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

*必ず当日の欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)にプロジェクト事業本部<℡03-3344-2041>まで。*交通費・入園料などは各自でのお支払いとなります。◆詳細チラシをご覧下さい。

日程
2020/1/24
曜日・時間
金曜 10:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,653円 一般 5,313円
持ち物など
◆集合: 10:00 新京成線「八柱駅」3階改札口外
*原則、雨天決行◆歩行距離の目安→ほとんど平たん・約5キロ
◆昼食用お弁当は、必ずご持参。(*コース・解散時間は変更する場合もございます。)(*花の開花により観察できない場合もございます。)
*健康保険証、水筒、帽子、雨具。ルーペがあると便利です。●歩きやすい靴・服装でご参加下さい。●その他、野外用手帳、カメラ、双眼鏡、常備薬等、必要に応じて各自でご用意ください。暑さ対策を十分にしてください。水分は、多めに持参ください。
 

講師詳細

山田 隆彦(ヤマダ タカヒコ)
1945年兵庫県生まれ。現在日本植物友の会副会長日本全国のすみれを訪ね歩く。著書「江東区の野草続続々」(江東区)(共著)、「野の花山の花ウォッチング」(山と渓谷社)(共著)、「探険しようぼくたちのまちの多摩丘陵」(NPO法人 みどりのゆび)(共著)、「写真集日本のすみれ」(誠文堂新光社)の編集協力、「図説花と樹の大事典」(柏書房)の一部執筆、「スミレハンドブック」(文一総合出版)、「参歩の山野草図鑑」(新星出版社)、「万葉歌とめぐる野歩き植物ガイド」春・夏・秋冬編(共著)(太郎次郎社エディタス)、「花手帳2015」(共著)(山と渓谷社)、デジタル植物図鑑「にほんの植物」(共著)(amana)、「高尾山全植物」(文一総合出版)等