フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい のどの老化を防ぐ

  • フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい(晶文社)
  • 許斐氏元氏
  • 渡邊 雄介(山王病院 東京ボイスセンター長)
  • 許斐 氏元(声とめまいのクリニック 二子玉川耳鼻咽喉科院長)
講師詳細

 かすれ、詰まる、聞き取れない。わずかな声のトラブルが日常生活や仕事の上で問題となり、体にも重大な影響を及ぼします。
 しかし、声とのどの悩みは「声筋」を鍛えることで解消することができます。のどの奥にある声を出す器官「声筋」のしくみや役割、「声筋」が衰えるとどうなるのかについて、あらゆる声の悩みの診療に携わってきた声の専門医が、わかりやすく解説します。さらに「声筋」を鍛えるトレーニングとケアの方法も紹介します。
 気になる「フケ声」をツヤのある良い声に改善する習慣を身につけて、健康な心と体作りを目指しましょう。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

【教室変更】18号教室に変更しました

日程
2019/6/8
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,672円 一般 4,320円
持ち物など
テキスト:渡邊雄介著「フケ声がいやなら「声筋」を鍛えなさい」(晶文社)―開講日10階教材コーナーで販売いたします。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

渡邊 雄介(ワタナベ ユウスケ)
国際医療福祉大学教授。山王病院国際医療福祉大学・東京ボイスセンター長/山形大学医学部臨床教授。専門は音声言語医学、音声外科、音声治療、GERD、歌手の音声障害。耳鼻咽喉科の中でも特に音声を専門とする。センター長をつとめる山王病院・ボイスセンターの患者数は外来数・リハビリ数・手術数いずれも日本でも随一であり、一般の方からプロフェッショナルまで幅広い支持を得ている。
許斐 氏元(コノミ ウジモト)
声とめまいのクリニック 二子玉川耳鼻咽喉科院長、東京医科大学非常勤講師。元山王病院・東京ボイスセンター准教授であり、音声医学とめまい診療の経験が豊富である。自身も声帯疾患による患者体験が複数あり、声やめまいに関する悩みや不安を患者さんの目線で診療している。