橘蓮二が語る芸人の世界

  • Pen+「蓮二のレンズ」
  • 橘 蓮二(演芸写真家)
講師詳細

 20年以上にわたり寄席演芸を撮り続けてきた写真家の橘蓮二さん。高座は落語家という表現者の生き方の発露そのものだと語り、今目の前の高座をいつまでもファンの心に焼き付けたいと願いながら撮影に臨んでいます。
 また、毎年プロデュースを手掛ける落語会は、さまざまな趣向を凝らし、いつもと違う演者の姿に出会えると好評です。
 今年の前半で印象深かった高座や自身が手がけた公演を中心に、撮影を通じて心に残ったシーンや意外な芸人の素顔を、さまざまなエピソードをまじえお話しします。

お申し込み

注意事項

教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2021/6/24
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,800円 一般 3,800円
設備費(税込)
165円

講師詳細

橘 蓮二(タチバナ レンジ)
 1961年生まれ。’95年より演芸写真家として活動。著書に『カメラを持った前座さん』(ちくま文庫)、『高座』『橘蓮二写真集 噺家』(全5巻)、『この芸人(ひと)に会いたい』『夢になるといけねぇ』(いずれも河出書房新社)、『本日の高座-演芸写真家が見つめる現在と未来』(講談社)、『Pen+蓮二のレンズ』『喬太郎のいる場所 柳家喬太郎写真集』(いずれもCCCメディアハウス)など。2015年より落語会の演出・プロデュースを手がける。「写真家 橘蓮二セレクション 焦点」(2015~16年 全7回 北沢タウンホール)、写真家 橘蓮二 特選落語会「柳家の一族」「桂はつらいよ」(ともに2017年 成城ホール)、写真家 橘蓮二プロデュース「極(きわめる)Vol.1柳家三三 春風亭一之輔二人会」(2017年 よみうりホール)、「極(きわめる)Vol.2柳家喬太郎トリビュート」(2018年 なかのZERO小ホール)、「極(きわめる)Vol.3見台と釈台」(2018年9月 有楽町朝日ホール)、「極(きわめる)Vol.4白鳥バトルロイヤル」(2019年3月 なかのZERO小ホール)、「極(きわめる)Vol.5柳家三三 春風亭一之輔 新作・改作しばりの会」(2019年11月 練馬文化センター大ホール)、「極(きわめる)Vol.7三遊亭兼好・三遊亭萬橘二人会 俺たちの円楽党」(2020年11月 なかのZERO小ホール)。