英語で読む・ウェールズに伝わるアーサー王の最期

  • 永田 喜文(明星大学講師)
講師詳細

 世にあまねく知られるアーサー王伝説。これは、ひとりのイングランド人が伝記や創作物からまとめた、『アーサー王の死』がもとになっています。一方でそこには含まれていない民間伝承が、ウェールズなどケルトの国には数多く残っています。これらのほとんどは日本未紹介のままです。
 本講座ではウェールズ専門家の講師が、現地ならではの貴重な情報を紹介しながら、アーサー王の最期にまつわるウェールズ伝承(テキスト)を英語で読みます。この伝承の特徴は実在の地名が言及されていること、そして、『アーサー王の死』とは異なることです! 民間伝承に直接触れるという稀な機会を得て、アーサー王観を広げてみませんか?(講師記)

画像:講師撮影
左:瀕死のアーサー王がアヴァロンへと運ばれたと地元で言われている湖。
右:モルドレッドと戦った最後の地。地元では矢の道とも呼ばれている。

お申し込み
日程
2020/9/12
曜日・時間
土曜 13:00~16:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,480円 一般 9,680円
持ち物など
<テキスト>
プリント教材を配布。
・コピー代を実費でお支払していただくことがあります。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

永田 喜文(ナガタ ヨシフミ)
明星大学大学院英米文学専攻博士課程修了。英文学修士。大学院在籍中から音楽ライターとして活躍し現職。主な著書として、
『ウェールズ・サウンド紀行』(アルク、2005年)、『イギリス&アイルランド紀行』(アルク、2006年)、 『ケルトを旅する52章 イギリス・アイルランド』(明石書店、2012年)など多数。 共著に、『ウェールズ語の基本』(三修社、2011年)、『イギリス文化事典』(丸善出版、2014年)、 『The World WatchesJapan-世界から見た日本』(南雲堂、2011年)、『ポップカルチャーで日本を表現―J-Pop Culture on the Net』(三修社、2015-2016年)、 『イギリス・アイルランド文化で英語を学ぶ ―Journey to「Multi-cultural」 Great Britain and Ireland 』
(三修社、2017年)、など多数。