• トライアル可

自分の体を使いこなす 部分ではなく全体を使って

  • 甲野 陽紀(身体技法研究者)
講師詳細

 自分自身の身体の動き方によって、ときにスッと動いたり、ときに無理な力がかかったり、さらにはそのどちらも感じていなかったりすることもあります。どうしてそうなるのだろう?そんなこともひとつの大きなテーマにしながら、自分自身の体について、動きを通じてその本来もっている可能性を再発見していきます。ただこなすだけの動きではなく、ひとつひとつの動きの質に注目しながら進めていきます。(講師・記)

各回のテーマ(予定) 
8月 間の作用〜当たり前の関係性づくり〜
9月 間の応用〜捉え方を変えると動きは変わる〜

お申し込み

注意事項

お知らせ 当講座は6月末まで休講です。7月より再開し、7月21日は3月の補講授業を行います。
講座では 指導のテーマによって 受講者同士がペアで行う接触を伴う実技指導を行うことがあります。

日程
2020/8/18, 9/15
曜日・時間
第3 火曜 19:00~20:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
持ち物など
動きやすい服装、靴下でご参加ください。マスクの着用にご協力をお願いします。
講座では 指導のテーマによって 受講者同士がペアで行う接触を伴う実技指導を行うことがあります。
授業の途中にも、ご自由にお使いいただけるよう、教室内に消毒液をご用意します。
その他
更衣室内では会話をお控えください。更衣室内の人数を制限いたします。ご協力をお願いいたします。

講師詳細

甲野 陽紀(コウノ ハルノリ)
武術研究者・甲野善紀氏の武術指導のアシスタント、演劇制作スタッフなどを経験した後、独立。分野や流儀、流派にとらわれない立場で身体技法の研究を始める。達人や名人と呼ばれるほどの技量を持つ武術家や職人などの技を観察・分析する研究を基盤に、さまざまに変化する身体の動きを、注意の向け方や言葉の使い方などとの関係から読み解き、そのエッセンスを日常に役立つ技法として提案する斬新なアプローチは、スポーツや介護、楽器奏法、教育関連など、さまざまな分野の専門家からも注目されている。

著書に『身体は「わたし」を映す間鏡である』(和器出版)、共著に『甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方』(山と溪谷社)がある。

http://hkhp.p2.bindsite.jp/index.html