謀反の日本古代史 伝承編

  • 遠山 美都男(学習院大学講師)
講師詳細

 世襲王制が形成されていく過程では王家内部において血で血をあらう闘争が繰り広げられ、それは《謀反》という形であらわれました。今回の講座では、王権をめぐる伝承や物語から《謀反》事例を取り上げて分析を加えます。これらは勿論、史実そのままではありえませんが、伝承や物語が作られた時代の王位継承法やその考えかたをあぶり出すことが可能です。この講座に続く《史実編》の前提・導入としてお聞き頂ければ幸いです。(講師・記)

<カリキュラム>
1)タギシミミとタケハニヤスビコ ― 二人の初国知らす天皇をめぐる謀反
2)サホビコとサホビメ ― 垂仁天皇への謀反
3)カゴサカ王とオシクマ王 ― 神功皇后・応神天皇への謀反
4)オホヤマモリ皇子とハヤブサワケ皇子 ― 仁徳天皇をめぐる謀反
5)スミノエナカ皇子とキナシカル皇子 ― 履中天皇・安康天皇への謀反
6)マヨワ王とホシカワ皇子 ― 雄略天皇をめぐる謀反






この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/12, 4/26, 5/10, 5/24, 6/14, 6/28
曜日・時間
月曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

遠山 美都男(トオヤマ ミツオ)
1957年、東京都生まれ。81年学習院大学文学部史学科卒業。同大学院入学、学習院大学文学部助手を経て、現在、同非常勤講師。97年、学習院大学より博士(史学)の学位を授与される。著書に『壬申の乱』『天皇誕生』(以上、中公新書)、『白村江』『天皇と日本の起源』『天智と持統』(以上、講談社現代新書)、『古代日本の女帝とキサキ』『天武天皇の企て』(以上、角川学芸出版)、『古代の皇位継承』『敗者の日本史 大化改新と蘇我氏』(以上、吉川弘文館)、『蘇我氏四代』(ミネルヴァ書房)、『天平の三皇女』(河出文庫)など多数。