18世紀のハンブルクの音楽 テレマンの作品を中心に
  • 教室開催

  • テレマン
  • 今谷 和徳(音楽史家)
講師詳細

北ドイツの港町ハンブルクは、17、18世紀のバロック時代のドイツを代表する音楽都市であった。当時のハンブルクでは、優れた音楽家が市の音楽監督を務め、市の5つの主要教会の音楽を担っただけでなく、市民のための世俗音楽にも中心的な役割を果たした。18世紀には、1721年から1767年まで、バッハと並ぶ当時の大作曲家ゲオルク・フィリップ・テレマンが市の音楽監督として活動し、教会カンタータや器楽合奏曲を数多く生み出すとともに、オペラ劇場の音楽監督としてハンブルク・オペラの繁栄にも貢献した。ここでは、そのテレマンの活動を中心に、18世紀のハンブルクの音楽状況を概観することにしたい。(講師・記)

〈各回の予定〉
10月10日(月) テレマンの教会カンタータ
11月14日(月) テレマンの器楽合奏曲
12月12日(月) ハンブルク・オペラの繁栄

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2022/10/10, 11/14, 12/12
曜日・時間
月曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,999円 
設備費(税込)
495円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

今谷 和徳(イマタニ カズノリ)
1945年生まれ。早稲田大学第一法学部卒業、同大学院文学研究科(西洋史専攻)博士課程後期課程単位取得満期退学。長年にわたり、早稲田大学、慶應義塾大学をはじめとする多数の大学で講師を歴任。現在、大学の公開講座の講師やNHKのFM放送への出演など、多方面で活動。専門は西洋音楽史。著書に『バロックの社会と音楽・上下』(音楽之友社)、『ルネサンスの音楽家たちⅠ、Ⅱ』(東京書籍)、『新版 中世・ルネサンスの社会と音楽』(音楽之友社)、共著に『フランス音楽史』(春秋社)ほか。