クラシック奏法によるピアノ即興演奏

  • 星野 紗月(ピアニスト)
講師詳細

五感で得た印象を瞬時に音楽に変換して、閃きの連鎖を愉しむ。クラシック奏法での即興演奏を一言で表すと、このように言えるかもしれません。抽象的なようでありながら、体系的にも紐解く事の出来る即興演奏を、パリ国立高等音楽院で学んだメトードを活かし、実演を交えてレクチャーします。
前回はカデンツァの即興や無声映画への伴奏付けで即興演奏の歴史に触れましたが、今回はよりフレキシブルな内容で即興演奏の魅力をお伝えします。参加者の皆様と共に創る、その場限りの音楽の空間をお楽しみ下さい。(講師・記)

■曲目等(予定)
・即興で編曲
ムソルグスキー:展覧会の絵 より
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」 
サン=サーンス:白鳥
 他
・短編フランス映画に即興演奏で色付けする
・当日、会場でリクエストを頂いた曲を様々なスタイルで演奏

この講座は終了しました
日程
2019/4/27
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,456円 一般 4,104円
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

星野 紗月(ホシノ サツキ)
東京都出身。学習院女子高等科を経て、東京音楽大学器楽専攻 ピアノ演奏家コース卒業。在学中、パリ国立高等音楽院 ピアノ即興科に首席で合格し、2015年9月より渡仏。ジャン=フランソワ・ジジェル氏のもとで研鑽を積んでいる。
2015年12月より、フランスの映画財団 Fondation Jérôme Seydoux-Pathéと初の女性ピアニストとして契約を結び、Toute la Mémoire du Monde (Festival International du Film Restauré)、Festival Paris Cinéma、Mon Premier Festivalなどフランス国内数々の映画祭に毎年出演。また、2017年2月よりFHOMのメンバーとしてフランス各地でツアー公演を行っている。これまでに国内外でのコンクール入賞、リサイタル開催のほか、クラシックに限らずジャンルを越えた作曲・編曲を手がけるなど、多岐に渡った演奏活動を行う。現在、ピアノをプリスカ・ブノワ、室内楽をエマニュエル・ベルトラン、音楽書法をエルヴェ・ジャメ、アナリーゼをトマ・ラコット、イヴ・バルメールの各氏に師事。
バロック以前から現代に至るまで、あらゆる音楽の手法を駆使した即興演奏という、日本ではまだ馴染みの薄い分野に、音楽のさらなる可能性を探求している。その活動の様子が、NHK「おはよう日本」「BS国際報道2017」「NHKワールド」で報道される。
https://www.satsukihoshino.com