幕末明治と会津藩 グローバル化のなかの戦争と教育
  • 教室開催

  • 大石 学(東京学芸大学名誉教授)
講師詳細

幕末明治と会津藩-グローバル化のなかの戦争と教育-

江戸後期、日本はグローバル化の波に組み込まれていった。
幕末政局で重きをなした会津藩は、このグローバル化に対応しつつ藩の生き残りをかけるが、会津戦争に敗北する。
会津藩軍事官僚として幕末政局にかかわった山本覚馬と会津戦争を戦った妹の八重は、ともに京都で新たな人生を歩むことになった。(講師記)

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話03-3344-1941で

注意事項

本講座は【WEB割キャンペーン】の対象講座です。
WEB割料金でのお申し込みはこちら:https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ae0507df-6c17-c842-be6c-63e74186361c
※WEB割料金でのお申し込みが定員に達し次第、本ページでの受付を開始いたします。

日程
2023/3/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

大石 学(オオイシ マナブ)
1953年東京都生まれ。東京学芸大学卒業、同大学院修士課程修了、筑波大学大学院博士課在単位取得。日本学術振興会研究員、同特別研究員。名城大学助教授などを経て現職。日本近世史専攻。NHK大河ドラマ「龍馬伝」「篤姫」、NHK土曜時代劇などの時代考証を担当。また映画「斬、」「るろうに剣心」の時代考証を担当。時代考証学会会長。古い形の時代考証を脱却し、制作者とともに作り上げる新しい時代考証をめざしている。