2/26そば処「和邑」時季薫る風味蕎麦を愛でる逸品懐石

  • 發師 浩一(店主)
  • ほし ひかる(江戸ソバリエ協会理事長)
講師詳細

江戸蕎麦の伝統を復活させた一茶庵の創始者、片倉康雄氏の系譜である一茶庵蕎麦教室に通った店主が1996年に開業。以来、蕎麦通から支持され高い評価を積み重ねてきました。立地の雑司ヶ谷は薮蕎麦で最古の「爺がそば」があったともいわれ、その店の周りにあった竹薮から「薮」を名乗る蕎麦屋が増えてきた場所でもあります。
全国のそば職人から最高峰の評価を得る常陸秋を使用した端正な細打ち十割り蕎麦は、季節変わり限定の香りも楽しめる逸品。蕎麦前の鴨は最高級品種の蔵王鴨を用い、いなりの蕎麦寿司や天婦羅は国産活き海老に拘る等、趣向に満ちた蕎麦前も満喫できます。中でも興味深いのは玉子焼き。関東、関西の味覚を考慮して通常は甘・中・辛から味を選ぶこともできます(当講座では中をお召し上がりいただきます)。まるで割烹処を彷佛とさせる入口や打ち場のある店内の、ゆっくり蕎麦を手繰りたくなる風情もともにご満喫下さい。(企画協力/フードコミュニケーションプランナー佐野弥生子)

◆詳細は、<持ち物など>を必ず、ご覧下さい。
◆座敷貸切9名様限定。お穿物を脱いでお座敷へお上がりいただきます。
【*ホームページで満員表示の場合でも、 残席がある場合もございますので、恐れ入りますがどうぞお電話でお問い合わせ下さい。】

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2021/2/26
曜日・時間
金曜 11:30~13:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 13,631円 一般 14,731円
持ち物など
◆会場: 東京メトロ「雑司ヶ谷駅」徒歩5分 豊島区雑司ヶ谷3-12-3 川戸ビル1階 ℡03-3987-5136 ※11時20分受付開始 ◆【2/16まで¥550】、【2/17から全額】の取消手数料が発生します。・満員でない場合は、貸し切りでない場合もございます。 ※食事代、サービス料を含む。お飲み物代別。◆開始時間に遅れた場合は、全てのお料理をご提供できない場合がございます。(*ご連絡なく30分以上遅れた場合は、食事のご提供を致しかねます) ◆欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)プロジェクト事業本部〈℡03-3344-2041〉まで。◎食材によってアレルギーのある方は、必ず事前に(ご予約・お申込の際)にお申し出ください。◆お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承り、コンビニ振込の場合は振込用紙がご到後1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時に受付が完了となります。・筆記用具 料理の撮影(デジタルカメラ可)もできます

講師詳細

發師 浩一(ハッシ コウイチ)
大学卒業後アパレル商社に21年勤務。平成7年に脱サラし第2の人生はそば職人の道を選択し伊東の一茶庵そば教室で片倉英晴氏に師事する。平成8年春雑司が谷にて和邑を開業致し24年。現在に至る。
ほし ひかる(ホシ ヒカル)
NPO江戸ソバリエ協会 理事長。エッセイスト。2011年「江戸蕎麦めぐり」をはじめとする蕎麦屋ガイドブックの編集に協力に対し、出版社より感謝状を授与。また東京都麺類協同組合創立100周年記念祝賀会にて、これまでの江戸ソバリエ活動に対し感謝状を授与。著書/「新・神奈川のうまい蕎麦64選」(幹書房)、「埼玉のうまい蕎麦75選」(幹書房)、「至福の蕎麦屋」(ブックマン社)など多数。他に、三遊亭圓窓師匠の「蕎麦落語三題」の創作に原案協力。DVD 粋な江戸蕎麦の食べ方」を制作。「暖簾めぐり」(蕎麦春秋)、「蕎麦夜噺」(新聞)、「蕎麦談義」 (フードポイス)など連載中。また、テレビ・ラジオや講演会を通じて奥深い蕎麦の魅力を丁寧に、また精力的に伝承し続けている。