レオナルド素描芸術の深遠なる世界

  • レオナルド 女性の素描
  • 塚本 博(明治学院大学講師)
講師詳細

万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、秀逸な数々の素描を残しています。それらの素描は完成作の下絵であるにとどまらず、天才の創意に溢れた新たな芸術世界を提起していました。そうであるがゆえに、後続の画家たちはそれらの深遠な素描から影響を受けて自らの作品に活かしてきました。
この講座では、レオナルド・ダ・ヴィンチの素描芸術に焦点を合わせて、そこに開示された深遠なる世界を探求します。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/8/3
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

塚本 博(ツカモト ヒロシ)
1950年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科美術史学博士課程修了。現在、明治学院大学講師、横浜市立大学講師。毎年、海外美術ツアーを企画し欧米の各地に同行講師として赴いている。著書『イタリア・ルネサンス美術の水脈』(三元社)、『イタリア・ルネサンスの扉を開く』(角川書店)、『すぐわかる作家別・ルネサンスの美術』(東京美術)訳書E.カメザスカ『マンテーニャ』(東京書籍)、R.ゴッフェン『ティツィアーノの女性たち』(三元社)。詩集『地中海と大理石』(DTP出版)