花を詠む 和歌、近代短歌、現代短歌の表現 シリーズ・花

  • 梅内美華子講師
  • 梅内 美華子(「かりん」編集委員)
講師詳細

 花をとおして表現された心、花を比喩として築き上げられた美意識など、和歌から現代短歌にわたって紹介します。実作者としての視点から表現を探っていきます。

お申し込み
日程
2020/8/28
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 

講師詳細

梅内 美華子(ウメナイ ミカコ)
「かりん」編集委員。1991年第三十七回角川短歌賞受賞。歌集に『横断歩道 ゼブラ・ゾーン』、『若月祭』(第1回現代短歌新人賞)、『火太郎』、『夏羽』、『エクウス』(芸術選奨新人賞・葛原妙子賞)、『真珠層』。歌書『現代歌枕』、『ここからはじめる短歌』。朝日カルチャーセンター「短歌実作・はじめの一歩」講師。よみうり文芸選者。