俳人の宇宙 飯田龍太

  • 奥坂 まや(「鷹」同人)
講師詳細

俳人の忌日は、季語となって歳時記の仲間入りをします。忌日の句を詠むには、その俳人の世界をよく知らなければなりません。「俳人の宇宙」の講座では、忌日の句の助けとなるよう、俳人の生涯を辿るのはもちろんですが、なるべく沢山の作品を鑑賞していきたいと思います。
 五月の講座は、飯田龍太を取り上げます。龍太は「ホトトギス」の著名俳人・飯田蛇笏の四男。社会性俳句が全盛だった戦後の俳壇に、自然諷詠を基盤とした新鮮な抒情句作者として登場。森澄雄と共に伝統俳句の雄「新古典派」を形成し、現代俳句の一方の流れをリードしました。
昭和俳壇に「龍太の時代」を築いた、凛然たる作品群に迫ります。 (講師・記)

お申し込み
日程
2019/5/29
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
・質疑応答などで講義時間が延長する場合がございます。予めご了承ください。

講師詳細

奥坂 まや(オクザカ マヤ)
藤田湘子に師事し、俳誌「鷹」同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。第18回俳人協会新人賞。著書―『現代俳句の鑑賞事典』(共編・共著 東京堂出版)。『鳥獣の一句』(ふらんす堂)他。句集―『列柱』。『縄文』。『妣の国』。