気軽に親しめるオペラ

  • 岸 純信(オペラ研究家)
講師詳細

 今期は、皆様に広く知られた名作オペラを気軽に楽しんで頂けるよう、音楽とドラマの注目ポイントを詳しくご紹介し、和やかで親しみやすいオペラの世界をお届けします。モーツァルト《フィガロの結婚》やペルゴレージ《奥様女中》は18世紀のイタリア・オペラ、ベートーヴェン《フィデリオ》やウェーバー《魔弾の射手》は19世紀前半のドイツ・オペラ、グノー《ロメオとジュリエット》やビゼー《カルメン》は19世紀後半のフランス・オペラです。「悲劇の中にもコミカルな名場面がある」オペラの奥深さをご堪能ください。(講師・記)

第1回 楽しく観られるイタリア・オペラ - 18世紀 
第2回 楽しく観られるドイツ・オペラ - 19世紀前半 
第3回 楽しく観られるフランス・オペラ - 19世紀後半 

お申し込み

注意事項

■4月期の6/4、6/11を中止し、補講も含め4月期の全3回を7月以降に実施します。申込の方には改めてお知らせします(5/13)
■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/14休講。→補講日(1/1)は調整中の為、仮日程です。 (4/24更新)
■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、4月を冬学期の補講とし、春学期初回を5月からに変更いたしました。そのため6/4に補講を行ないます。(過去更新)

日程
2020/7/9, 8/6, 9/10
曜日・時間
第2週 木曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円

講師詳細

岸 純信(キシ スミノブ)
オペラ研究家。1963年生まれ。『音楽の友』『レコード芸術』『ぶらあぼ』『音楽現代』『モーストリー・クラシック』や公演プログラムに寄稿。CD&DVDの解説多数。NHK『らららクラシック』『オペラ・ファンタスティカ』、クラシカ・ジャパンにもたびたび出演。著書『オペラは手ごわい』(春秋社)、訳書『マリア・カラスという生きかた』(音楽之友社)、共著『イタリア文化事典』(丸善出版社)など。大阪大学非常勤講師(オペラ史)。新国立劇場オペラ専門委員。静岡国際オペラコンクール企画運営委員。