ピアノの名曲聴きどころ弾きどころ 珠玉のショパン
  • 教室開催

  • メジューエワ(C)奥村和泰
  • 下田幸二
  • イリーナ メジューエワ(ピアニスト)
  • 下田 幸二(音楽評論家・ピアニスト)
講師詳細

 ロシアの名花メジューエワさんが日本を本拠になさって何年が経つのでしょう。いつも至高のピアニズムで私たちに至福の時をもたらしてくれています。幅広いレパートリーをお持ちのメジューエワさんですが、ショパンの演奏における繊細なカンタービレ、ノーブルなタッチ、さらに時に見せる強い魂の発露は、私たちの心の琴線に触れ、魅了されます。当日はショパンのノクターンの名品にスケルツォ第2番とバラード第3番を添えた珠玉の7曲をお楽しみいただきます。きっと素晴らしいショパンの体験になることでしょう。(下田幸二記)

【予定曲目】
ノクターン 変ロ短調 作品9-1、
ノクターン 変ホ長調 作品9-2、
ノクターン 嬰ハ短調 作品27-1、
スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31、
バラード第3番 変イ長調 作品47、
ノクターン ヘ短調 作品55-1、
ノクターン 変ホ長調 作品55-2

受付一時中止
日程
2022/3/14
曜日・時間
月曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,993円 一般 5,093円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

イリーナ メジューエワ(イリーナ メジューエワ)
ロシア出身。モスクワのグネーシン特別音楽学校および同音楽大学卒業。1992年、第4回E・フリプセ国際コンクール(オランダ)で優勝。1997年からは日本を本拠地として活動。日本国内各地でのリサイタル、CD録音などで幅広く活躍中。2006年度青山音楽賞。2015年、第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門、独奏・独唱部門賞)。著書に『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』(講談社現代新書、2017年)
下田 幸二(シモダ コウジ)
現在、桐朋学園音楽部門、昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミー、フェリス女学院大学、相愛大学各講師。日本演奏連盟会員。全日本ピアノ指導者協会正会員。武蔵野音楽大学卒業。ポーランド政府給費生として国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科修了。8年間にわたり、国立J.エルスネル高等音楽学校ピアノ科講師を務める。相馬信子、石黒祥義、L.コズベック、B.ヘッセ=ブコフスカの各氏に師事。J.スリコフスキ、T.シェバノ ワの各氏にも薫陶を受ける。指導者として高い定評があり、多くの優秀なピアニストを輩出。モニューシコ国際ポーランド音楽コンクール、青少年ショパン国際ピアノ・コンクール(以上ポーランド)、せんがわピアノオーディションをはじめとする審査員やセミナー講師を歴任。研究者としては、ショパンやポーランド音楽の専門家として信頼が篤い。現在、「レコード芸術」(音楽之友社)にて 《下田幸二のピアノ名曲解体新書》を好評連載中。著書:「ショパンその正しい演奏法」、(ヤマハミュージックメディア)、「ショパン全曲解説」(ハンナ・日本図書館協会選定図書)、「ショパン-200年の肖像」(共著・求龍堂)ほか。「ピアノの森」音楽監修者。
Facebook:koji.shimoda.927、Twitter:@kojiego