動作術の踏み棒トレーニング

  • 中島 章夫講師
  • 中島 章夫(動作術の会主宰)
講師詳細

人は重い頭を一番上に乗せ、骨格で支え生活しています。頭をもっとも楽に支えられる骨格ポジションが正しい姿勢です。
その姿勢を支える土台となるのが足裏の接地です。
接地を整えれば、骨を自然に積み上げる「スッキリ姿勢」、ラクラク動ける「なめらか動作」が可能になります。
今回は棒を踏むだけで「足指・中足骨・踵」の3つの接地感覚を身につける、動作術の“踏み棒トレーニング”の実習をします。
“踏み棒”はこちらで用意します。どなたでも取り組める内容ですので、安心してご参加ください。(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2019/6/29
曜日・時間
土曜 18:30~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,564円 一般 4,212円
持ち物など
筆記用具。上履きは不要、素足か靴下。動きやすい服装でご参加下さい。(スカート不可)ベルトが必要な服はお勧めしません。
その他
健康教室前の更衣室をご利用いただき、靴は各ロッカーにお入れください。ロッカーは施錠できます、鍵の紛失にご注意ください。女性用更衣室は百円玉が必要な場合もありますので、ご用意ください。

講師詳細

中島 章夫(ナカジマ アキオ)
1954年東京生まれ。79年、甲野善紀氏主宰の武術稽古研究会・松聲館入門。94年から甲野氏の公開稽古会「恵比寿稽古会」幹事。現在、甲野氏の身体運用法を研究する人のために「半身動作研究会」を主宰。2014年に「動作術の会」に名称を変更。著書に『技アリ身体をつくる』(田中聡氏との共著・バジリコ)、『縁の森』(甲野善紀氏との共著・合気ニュース)、『足指をにぎるだけで、腰とひざの痛みは消える!』(ベストセラー)、DVD『体と感性を磨く三つのワーク武術の稽古素材』、『古武術の「強さ」と「滑らかさ」技アリの動作術!』(ともにBABジャパン)がある。