川越ディープ建築散歩 第4弾 もうひとつの川越~洋館と庭園の世界

  • 丹徳庭園
  • カトリック教会
  • 丹徳庭園
  • 荒牧 澄多(NPO法人 全国町並み保存連盟 常任理事)
講師詳細

川越の町並みをディープに探訪する大好評シリーズ第4弾!
蔵造りだけじゃない川越、六軒町界隈の普段なかなか見たり入ったりできない建物を巡ります。昼食は丹徳庭園の個室。地元の方も知らないもう一つの川越をご案内します。
蔵造りの町並みでは、保岡勝也作品を中心(旧山崎家別邸、旧八十五銀行、旧山吉デパート)に時間の限り巡ります。16名様限定!お早めにお申込み下さい。
西武新宿線 本川越駅 11:00集合。昼食代含む。

【ホームページで満席表示でも残席がある場合もございますので電話でお問合せ下さい】

お申し込み
日程
2019/11/8
曜日・時間
金曜 11:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 8,550円 一般 9,210円
持ち物など
◇西武新宿線本川越駅 1階改札前集合 (当日受付開始10:45~) ◎雨天決行
※食事代含む(食材によってアレルギーのある方は、必ず事前にお申し出ください。)
◇拝観料・一部移動時 路線バス代は含まれません。当日小銭をご用意ください。
その他
【食事付講座の取消について】
◎当日の欠席連絡 朝日カルチャーセンタープロジェクト事業本部 ℡03-3344-2041へ(朝9:30以降)
◎取消手数料 11/5までは当社規定、11/6から全額の取消手数料が発生します。

講師詳細

荒牧 澄多(アラマキ スミカズ)
昭和31年(1956)川越市生まれ。東京都立大学大学院修了後、川越市役所入庁。営繕、再開発、文化財保護、都市景観などの部門を経て、平成29年3月川越市立博物館を最後に退職。在職中、公共建築の設計監理のほか、蔵造りをはじめとする伝統的な町屋・町並みの保存に関わる。博物館では、企画展「蔵・倉・くら―蔵造りを知ろう―」を担当。これまで、公私ともに川越の町並み保存に関わってきた。現在、NPO法人全国町並み保存連盟常任理事、NPO法人川越蔵の会理事。町や町づくりの諸課題に関するお手伝い人。