敗者ではなかった旧幕臣 徳川家臣団にとっての明治維新
  • オンライン講座

  • 樋口 雄彦(国立歴史民俗博物館教授)
講師詳細

 徳川幕府が打倒されたことで実現したのが明治維新だったとすれば、「敗者」となった旧幕臣たちは明治の国家・社会から排除されてしまったのでしょうか。決してそうではありませんでした。洋学者の登用や欧米への視察団・留学生の派遣、陸海軍の創設にみるごとく、近代化への取り組みはすでに幕府によって始められていましたし、明治政府に食い込んだ旧幕臣たちは維新後も新国家建設の推進力となりました。「官」ではなく「民」の立場から社会に貢献した人々も出現しました。明治期において旧幕臣がはたした役割に注目したいと思います。(講師・記)

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/3/3
曜日・時間
木曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

樋口 雄彦(ヒグチ タケヒコ)
1961年静岡県生まれ。国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学教授。博士(文学、大阪大学)。専門は日本近代史。著書に、『旧幕臣の明治維新 沼津兵学校とその群像』(2005年、吉川弘文館)、『沼津兵学校の研究』(2007年、吉川弘文館)、『静岡学問所』(2010年、静岡新聞社)、『敗者の日本史17 箱館戦争と榎本武揚』(2012年、吉川弘文館)、『第十六代徳川家達-その後の徳川家と近代日本』(2012年、祥伝社)、『人をあるく 勝海舟と江戸東京』(2014年、吉川弘文館)、『幕臣たちは明治維新をどう生きたのか』(2016年、洋泉社)、『幕末の農兵』(2017年、現代書館)、『見る読む静岡藩ヒストリー』(2017年、静岡新聞社)、『幕末維新期の洋学と幕臣』(2019年、岩田書院)など。