透明水彩で描く水面の輝き 高千穂渓谷
  • オンライン講座

  • 講師作品
  • 春崎 幹太(水彩画家)
講師詳細

ドラマチックな色彩と光の表現で人気の春﨑 幹太先生の オンライン風景画講座 。
デモンストレーション動画とモチーフ画像(風景 写真)を お届けします。 多彩な技法をじっくり視聴し、 取り組んでください 。
 景勝地 高千穂渓谷の風景をもとに、 新緑 の渓 に降り注ぐ 光 と それを 映す水面の 色 の グラデーション 、 輝き を 描きます 。 ボート に乗った 人物の点景などもポイント です 。
 講評日は、 講師と受講者の自宅 をZoomでつなぎ、 お一人お一人の作品の講評 会
と質疑応答 を行い ます。 講評作品は、当日ご自宅のパソコンのカメラ に向けて映してい
ただくか、前日までにメールで送信ください。




★★お申込みから受講までの流れ★★

1、5月12日(木)デモンストレーション動画とモチーフ画像、講師作品画像を送信。5/13以降は申し込み確認後随時送信します。
(デモンストレーション動画はリンクをご案内します。視聴期間は最大で1か月)

2、自宅で描画作業――好きな時間に、なっとくいくまで
 モチーフ画像をプリントアウトしたあと、講師のデモンストレーション動画をご覧ください。動画視聴後、モチーフ画像を見ながら下描き、色塗りへと作業を進めてください。何枚か描いた場合は講評してもらう作品をお選びください。

[講評の方法1]当日、ご自宅のパソコンのカメラに作品を向けて映し、先生に見てもらう
[講評の方法2]作品を事前に写真に撮って、画像をカルチャーセンターにメールで送り、その画像で講評してもらう(6月10日正午〆切)
※カメラに作品を向けて先生に見てもらう場合は、光の差し込み方などで本来の彩色が伝わりにくいです。撮影した画像をメール送信いただくことをおすすめします。スキャン画像も可。
講評会画像についての案内メールを出しますので、そちらに返信していただきます。
※今回の課題や水彩画の描き方についてのご質問は、当日の質問も可能ですが、6月10日(金)正午までにお送りいただけますと幸いです。

3、6月10日(金)、講評会のZoom招待メールを送信

4、6月11日(土)11:00~12:00 講評会と質疑応答
 Zoomミーティングで行います。10:55にはご入室可能です。順番に先生からコメントしてもらい、質問にお答えいただきます。
 講評会開始の際には、カメラをON・マイクをOFFにしてください。ご自身の作品の講評のときにはマイク、カメラともONにしてください。
※受講者のお名前、カメラ映像は共有されます。予めご了承下さい。




注意:弊社からのメールが届かない事案が発生しているため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願いいたします。gmailでご登録いただくとスムーズにご視聴頂けます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他通信上の障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomミーティングを使用します。ミーティングの前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2022/6/11
曜日・時間
土曜 11:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,950円 一般 5,500円
持ち物など
<道具の案内>
☆講師推奨 水彩紙 ウォーターフォードやアルシュ、中目300g/㎡ F6
水彩筆 名村大盛堂ラフィーネQ4、ラウンド4号(講師はレンブラントコリンスキー100)
その他、ホルベインマスキングインク、100均白ペン、マスキング用の細い筆(ナイロン筆など)、霧吹き、絵皿(丸皿プラスチック小、8センチくらい)8枚。絵皿は食品トレーなどで代用可。

透明水彩絵の具
W&N ウルトラマリングリーンシェード
W&N パーマネントシェンナー
W&N ウィンザーバイオレット
W&N パーマネントサップグリーン
ホルベイン サップグリーン
ホルベイン チャイニーズホワイト
シュミンケ トランスルーセントイエロー
シュミンケ トランスルーセントオレンジ
マッチカラー そらいろ

※「W&N」はウィンザーアンドニュートン社

「講師推奨」は水彩紙のみです。
それ以外は、動画の中で講師が使用しているものを案内しております。お手持ちの道具でご参加ください。

講師詳細

春崎 幹太(ハルサキ カンタ)
1973年、大阪府茨木市出身、福岡市在住。建築パース、イラストレーターを経て、2006年より水彩画制作を中心に活動。2012年、JWS日本透明水彩会展 以後毎年出品。2014年、 第1回世界水彩博覧会(タイ)。2015年、国際水彩エリート展(台湾)。2016年、Fabriano in Acquarello展 (イタリア)。2016年、Rhythm of Watercolor Exhibition(台湾)。福岡、東京、横浜、埼玉、名古屋、大阪、金沢等、個展は各地で開催。<著書>「透明水彩 二人の詩」(日貿出版社)、「魅せる水彩画教室」(日貿出版社)。