• 見学可

観世流 謡曲 中級Ⅱ

  • 講師写真
  • 木月 孚行(観世流能楽師)
講師詳細

お能は日本の伝統文化。興味をもったその日から年齢を問わずじっくり取り組むことができる奥の深い世界です。謡曲はお腹から声を出すことで、肺機能を高め、美しい姿勢を身につけることが出来ます。お仕舞の型は日常の礼儀作法の美しさにつながります。稽古場は檜の舞台。これからの一生の習い事として能を始めましょう。初めての方はまず入門から。経験者はまずご見学にいらしてください。途中受講可能です。

<2019年度スケジュール>※変更する可能性もございます。
4月 ~5月「鵺」ぬえ
6月~7月 「善知鳥」うとう
8月~9月 「道明寺」どうみょうじ
10月~11月 「三輪」みわ
12月~1月 「白楽天」はくらくてん
2月~3月 「百萬」ひゃくまん

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/4/11, 4/25, 5/9, 5/23, 6/13, 6/27
曜日・時間
木曜 15:15~15:55
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,496円 
持ち物など
<各自ご用意ください>仕舞は、「仕舞入門形付」(4,200円程・税抜)と扇(5,000~7,000円程・税抜)白足袋、筆記用具をご用意ください。
※謡曲本は各自ご用意ください。檜書店TEL 03-3291-2488で取扱っております。
※カリキュラムは進行によって多少予定と前後いたしますのでご了承ください。

講師詳細

木月 孚行(キヅキ タカユキ)
1939年生まれ。木月靖芳四男。二十五世観世左近に師事。観世流職分。重要無形文化財総合指定保持者。(社)観世会顧問。