• 見学可
  • トライアル可

小笠原流礼法入門

  • 小笠原 清忠(小笠原流三十一世)
講師詳細

 礼法には、相手に対する恭敬や敬愛の心が大切です。相手を考え、場所を考えての行動は、心とその心を自然にあらわせる形となります。 あたりまえの行動の中に、何気なくしていても美しさが響くような礼儀作法を実際に学んでいただきたいと思います。 (講師記)

●講座内容●基本姿勢と動作…立つ 座る 歩く お辞儀など 物の持ち方扱い方 包み方 折り方 紐の結び 訪問 コートの扱い 送迎の礼(座礼 立礼) 掛軸の扱い 食事作法 茶菓の進撤 香炉の扱い 他

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

日程変更のお知らせ(6/2) 
当講座は4月〜6月末まで休講。7月から再開し3月の補講授業を行います。

日程
2020/8/19, 8/26, 9/9, 9/23
曜日・時間
第2・4 水曜 10:00~12:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,640円 
持ち物など
※白い靴下をご持参ください。
その他
8月は第4週にも授業があります。日程にご注意ください。

講師詳細

小笠原 清忠(オガサワラ キヨタダ)
弓馬術礼法教場30世宗家、小笠原清信の長男として東京神田に生まれる。慶應義塾大学商学部卒業、医療金融公庫 (現福祉医療機構)勤務、平成6年、弓馬術礼法小笠原流31世宗家を襲名。礼法弓術弓馬術指導ならびに普及に尽力。全国各地の神社などで礼法・歩射・流鏑馬の行事を執行、年間40以上を数える。また、ハワイ、フランス、イギリスなど、海外での流鏑馬も執行、日本文化の国際的普及に多大なる貢献を果たしている。