俳画の年賀状

  • 鈴木 紅鷗(俳画「紅鴎会」主宰・俳人協会員)
講師詳細

 俳画は俳句的感覚の簡素な絵です。十干十二支、六十干支の話を交え、来年の干支「子」を主として5、6種類の作例をもとに作画します。俳画と俳句の文字とを美しく表現する方法を書も含めて指導します。上品な中にも親しみやすい作品を仕上げましょう。

お申し込み

注意事項

新規ご入会の方を対象に入会金500円キャンペーンを実施します!入会された方は、公開講座を会員料金でご受講いただけます。
◆秋のお得なキャンペーンはこちら 
https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/campaign

日程
2019/11/13
曜日・時間
水曜 10:30~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,400円 一般 5,060円
持ち物など
教材(お手本代含、2000円)は当日、教室にて販売。
・画仙紙・はがきは(500円)で講師からお求めください。
・お持ちの道具で使えそうな物(顔彩、俳画用筆、青墨など)はご持参ください。足りないものは先生とご相談の上、先 生からお求めください。
・ボロタオル、フェルト下敷は各自でご用意ください。
その他
※「俳画とかな書」クラスと一緒にご受講いただきます。

講師詳細

鈴木 紅鷗(スズキ コウオウ)
俳画紅鴎会主宰、俳人協会会員。愛知県生まれ。10代のころより野田蘭渓先生に師事して「かな書道」、小木太法先生に師事して「篆刻」を学ぶ。俳画・禅画に興味をもち、独自の画風を創作。「俳句」は鷹羽狩行先生に師事して指導を受ける。全国書道展にて中部日本新聞社賞受賞、ほか受賞多数。1991年、俳人協会主催「全国俳句大会」大会賞受賞。NHKテレビ「おしゃれ工房」出演。