英国カントリーハウスと小説の舞台 オンライン講座

  • ハウトン・ホールHoughton Hall
  • チャッツワース・ハウスChatsworth House
  • 小林 章夫(上智大学名誉教授)
講師詳細

申し込み締め切りは、前日5/9 12:00までです。

英国の田園風景を彩る貴族や大地主の邸宅・カントリーハウス。7月からの連続講座「カントリーハウスとイギリス文学」の導入としてその文化と歴史を紹介します。

【カリキュラム】※状況によって変更することもございます。
5月10日  導入講座  カントリーハウスとはどのようなものか
・・・予定・・・
連続講座「カントリーハウスとイギリス文学」
 イギリスには16世紀ごろから「カントリーハウス」と呼ばれる貴族、大地主の大邸宅が次々と出現し、特にイングランドの田園地帯を彩る風景として今日まで多くの人々が訪れる場所となっています。この講座では、そうしたカントリーハウスが舞台となった小説を取り上げてご紹介したいと思います。 (講師・記)
・2021年7月期
7月12日  第1回  18世紀 少女パミラの暮らした世界
8月9日  第2回  ゴシック小説の世界―ホレス・ウォルポール『オトラントの城』
9月13日  第3回  19世紀 ジェイン・オースティンの世界
・2021年10月期
10月11日  第1回  19世紀 シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア』
11月8日  第2回  20世紀 E. M. フォスター『ハワーズ・エンド』
12月13日 第3回  20世紀 カズオ・イシグロ『日の名残り』

【お申込みのまえに】
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

申し込み締め切りは、前日5/9 12:00までです。

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2021/5/10
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

小林 章夫(コバヤシ アキオ)
1949年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科修了ののち、同志社女子大学教授、上智大学教授を経て現職。専攻はイギリス文学・文化。著書に『コーヒー・ハウス』『チャップ・ブックの世界』(講談社学術文庫)、『イギリス王室物語』(講談社現代新書)、『物語イギリス人』(文春新書)、『イギリス人は何にでも賭ける』(亜紀書房)『女王、エリザベスの治世 先進国の王政記』(角川書店)などがあり、訳書にパクスマン『前代未聞のイングランド』(筑摩書房)、チータム『「クマのプーさん」を英語で読み直す』(NHKブックス)、『リチューニング英語習得法』(筑摩新書)、『フランケンシュタイン』(光文社古典新訳文庫)など多数。