哲学する仏教・2 内山興正老師の思索をめぐって  マインドフルネスという黒船来航前の内山老師

  • 山下 良道 (鎌倉一法庵住職・ ワンダルマ仏教僧)
講師詳細

曹洞宗の内山興正老師(1912-1998)は、大学で西洋哲学を学び、カトリックの神学校に教鞭をもつも、半年ほどで退職。そして、愛する妻を病気で亡くした悲しみのなか、「真実の自分」を追究するべく曹洞宗の澤木興道老師について出家得度しました。初版刊行から50年を経て、現代に甦った内山老師の仏教書『進みと安らい』。そこに記されていることは、科学技術が急速に進んだ時代への警鐘、坐禅の実践による「自己の構造」の分析など、自らの思索を巡らせ身心で考え抜いた哲学といっても過言ではないでしょう。2019年の今、哲学する仏教の原点ともいえる内山老師の思索をめぐって三人の弟子と一人の哲学者が語ります。

シリーズ(予定)
第1回 ◆坐禅・安らいつつ進む道◆ 前・曹洞宗国際センター所長  藤田一照
日時:5月8日 水曜 19:00-20:30 
第2回 ◆マインドフルネスという黒船来航前の内山老師◆
鎌倉一法庵住職  山下良道 
日時:5月22日 水曜 19:00-20:30 
第3回 ◆内山老師の行き詰まり◆       安泰寺住職  ネルケ 無方
 日時:6月14日 金曜 19:00-20:30 
第4回 ◆内山哲学は仏教を超える◆          哲学者  永井 均
日時:6月27日 木曜 19:00-20:30 
※参考図書:内山興正著『進みと安らい』(サンガ刊)

◆マインドフルネスという黒船来航前の内山老師◆
仏教の修行の世界標準である「マインドフルネス」という黒船が日本にやってきたのが、オウム事件の結果日本の宗教界が焼け野原になったあと。1998年に遷化された内山老師とは残念ながら時代的にすれ違ってしまった。ただ、内山老師が最晩年に情熱を注いで「南伝大蔵経」を読まれていたことも忘れてはならない。内山老師がもしマインドフルネスと、正面から出会っていたらどうなっていたかを夢想するのは意味ないことではない。何故なら内山老師が描かれた第五図は、「この世界に所属する私」と、「所属してない私」の二重構造を見事に視覚化しており、マインドフルネスの主体こそまさに「この世に所属していない私」であるから。そこから、全く新しい「マインドフルネス×禅」の世界が開かれるであろう。(山下師・記)

お申し込み
日程
2019/5/22
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
●教室が変更する場合がございます。エレベーター付近の掲示板でご確認ください。

講師詳細

山下 良道 (ヤマシタ リョウドウ )
鎌倉一法庵住職。スダンマチャーラ比丘。1956年東京生まれ。東京外語大学仏語科卒業後、曹洞宗僧侶となる。1988年アメリカのヴァレー禅堂にて海外布教活動を開始。イタリアを経由して帰国後、京都曹洞禅センター、渓声禅堂で坐禅指導。2001年ミャンマーのパオ森林僧院にてテーラワーダ仏教の比丘になり、パオ瞑想メソッドを終了。2006年スリランカ、ネパールを経由して帰国。それ以降、鎌倉一法庵を拠点として、日本各地とインドで瞑想指導。現在の立ち位置は「ワンダルマ仏教僧」。著書『青空としてのわたし』『本当の自分とつながる瞑想入門』『光の中のマインドフルネス』。共著に『アップデートする仏教』『仏教3.0を哲学する』。最新刊は『「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える』