転換期・日本の内と外
  • 教室・オンライン同時開催

  • 遠山 美都男(学習院大学講師)
  • 鈴木 哲(元日本大学教授)
  • 関 幸彦(日本大学特任教授)
全ての講師
講師詳細

 四方を海に囲まれているわが国の場合、古代、中世、近世の転換期に外からのインパクトが内政に反応しつつ歴史的事件へと繋がってゆきました。本講座では7から8世紀を皮切りに日本国の転換期に焦点を据え、世界史的視野に立ちながら、歴史の醍醐味を味わってゆきたいと思います。 (関講師・記)

<スケジュール> ※スケジュールは変更になる場合がございます。
第1回 7~8世紀 「白村江「戦後」を見直す~それは未曽有の敗戦だったのか?~」 : 遠山 美都男 先生
 斉明女帝を擁した天智天皇が唐・新羅と戦い、敗れ去った白村江の戦い。この有史以来の敗戦を機に倭国は戦勝国である唐の律令制を本格的に継受し、日本として生まれ変わったとされています。しかし、白村江の戦いは唐の高句麗征討に始まる「古代朝鮮戦争」の一環であり、その戦争は白村江の戦い以後も継続し、終わってはいなかったのです。倭国は白村江「戦後」の情勢においていかなる対応を取り、いかなる選択肢がありえたのでしょうか。白村江「戦後」を根本的に見つめ直す必要があります。

第2回 9~10世紀 「東アジアの変貌と藤原純友の乱」 : 鈴木 哲 先生
 9世紀末から10世紀前半にかけて、東アジア世界は、唐・渤海・新羅が相次いぐ動乱により滅亡するなど、大きな変貌を遂げた。こうした動向は日本にも影響を及ぼし、10世紀中頃には平将門や藤原純友による反乱が勃発し、歴史的転換期を迎えた。今講座では、藤原純友の乱を通して新たな歴史の胎動を考えてみたいと思います。

第3回 11~12世紀 「摂関政治の栄華と異族侵攻の危機~モンゴル以前を考える~」 : 関 幸彦 先生
 藤原道長の全盛時代、王朝貴族たちを震撼させた事件が勃発した。刀伊の入寇として記憶化されたこの事件を通じ、海がもたらす政治的・軍事的影響について考えてみたい。王朝の雅に宿された外からの衝撃に、貴族たちはどう対応し、危機を乗り越えたのか!


<オンライン講座 注意事項>
・ 本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・ 本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ 配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・ 開講日の前日夜までに、受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・ 第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・ オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで 承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。メール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/22, 11/5, 12/3
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

遠山 美都男(トオヤマ ミツオ)
1957年、東京都生まれ。81年学習院大学文学部史学科卒業。同大学院入学、学習院大学文学部助手を経て、現在、同非常勤講師。97年、学習院大学より博士(史学)の学位を授与される。著書に『壬申の乱』『新版 大化改新』(以上、中公新書)、『白村江』『天皇と日本の起源』『天智と持統』(以上、講談社現代新書)、『古代日本の女帝とキサキ』『天武天皇の企て』(以上、角川学芸出版)、『古代の皇位継承』『敗者の日本史 大化改新と蘇我氏』(以上、吉川弘文館)、『蘇我氏四代』(ミネルヴァ書房)、『天平の三皇女』(河出文庫)など多数。
鈴木 哲(スズキ サトシ)
1948年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程修了。専攻は日本古代中世史。現在、日本大学国際関係学部教授。著書「日本中世の地域的諸相」(南窓社)、「怨霊の宴」(新人物往来社)、「文明と文化の諸相」(南窓社)、「源平の争乱」(第一法規出版者)、「闘諍と鎮魂の中世」(山川出版社)。
関 幸彦(セキ ユキヒコ)
1952年生まれ。学習院大大学院人文科学研究科博士課程修了。学習院大助手、文部省初等中等教育局教科書調査官を経て現在、日本大学文理学部史学科教授。専攻は日本中世史。著書に『承久の乱と後鳥羽院』(吉川弘文館)、『百人一首の歴史学』(吉川弘文館)、『鎌倉殿誕生』(山川出版社)、『東北の争乱と奥州合戦』(吉川弘文館)、『武蔵武士団』(編著・吉川弘文館)、『その後の東国武士団:源平合戦以後』(吉川弘文館)、『武士の原像ー都大路の暗殺者たち』(吉川弘文館)、『「国史」の誕生』(講談社)、『敗者たちの中世争乱』(吉川弘文館)、『刀伊の入寇』(中公新書)など。