狩猟採集民の生活と文化 民族考古学

  • 佐藤 宏之(東京大学教授)
講師詳細

 農耕が始まる以前の人類の歴史は、自然資源の効率的な開発を行うために、技術だけではなく文化・社会や精神世界までをフルに動員した適応の歴史であった。今日の都市・技術社会では失われてしまったその具体的な姿は現生狩猟採集民の中にわずかに残されており、かれらの現地調査によってそれを明らかにするのが民族考古学である。
 トーテム・ポールで知られる北アメリカ北西海岸に住む先住民は、漁撈を中心とした豊富な資源に支えられて、本来平等社会であるはずの狩猟採集民のなかで異例な階層化社会を構築した。彼らの生活・社会と世界観を紹介する(第1回)。
 続いて、中国東北部・黒龍江省に暮らす赫哲族の人々の生活と社会について、対岸のロシア側先住民と比較しながら、その特色を見てみたい(第2回)。
 最後にアイヌ民族に代表されるイオマンテ(クマ祭り)のもつ社会的意味を考えることを通して、先住民の精神世界について議論する(第3回)。(講師・記)

第1回 6月26日(金)15:30-17:00 
 北西海岸インディアンの世界: クイーン・シャーロット諸島

第2回 7月10日(金) 15:30-17:00 
 赫哲(ナーナイ)の生活と社会

第3回 8月28日(金) 15:30-17:00
 アイヌのイオマンテ(クマ送り儀礼)とは何か

お申し込み

注意事項

※補講日が決まりました。7/10、8/28に行ないます。
※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、5/22も休講になりました。補講日は未定です。(2021.1/2は調整中の為、仮日程です) 4/23記
※新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/24は休講になりました。補講日は未定です。(2021.1/1は調整中の為、仮日程です) 4/2記

日程
2020/6/26, 7/10, 8/28
曜日・時間
金曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

佐藤 宏之(サトウ ヒロユキ)
1956年宮城県仙台市生まれ。1982年東京大学文学部考古学専修課程卒業、(財)東京都埋蔵文化財センター調査員。1994年法政大学大学院人文科学研究科博士課程修了、博士(文学)取得。1997年東京大学大学院人文社会系研究科付属常呂実習施設助教授。1999年東京大学大学院新領域創成科学研究科(環境学)助教授。2003年東京大学大学院人文社会系研究科(考古学)助教授。現在、東京大学大学院人文社会系研究科(考古学)教授。