石膏像をクロッキーで捉える モノの見方を養う

  • 「雲海の下」242mm×333mm鉛筆、紙2017年
  • 「空へ」2018/20M727×500mm油彩、パネル2018年
  • 卯野 和宏(画家)
講師詳細

クロッキーは必要最低限の描画により瞬時に対象を捉える練習です。写実的で精密なデッサンを描くときにおいても、クロッキーから学ぶことが出来る全体的なモノの見方はとても重要で土台となります。本講座では1時間につき1枚の制限の中で全体的な構造や印象を捉える為に必要なモノの見方を学習していきます。講義と講師のデモンストレーション、個別の講評でスキルアップを図ります。

<当日の流れ>
13:30〜14:00/講義、講師デモンストレーション(30分)
14:00〜15:00/石膏像クロッキー(1枚目)
15:00〜15:10/休憩と準備
15:10〜16:10/石膏像クロッキー(2枚目)
16:10〜16:15/休憩と講評会準備
16:15〜16:30/個別講評会(一人1分程のワンポイントアドバイス)

お申し込み
日程
2020/9/7
曜日・時間
月曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,730円 一般 5,830円
持ち物など
木炭紙大の画用紙2枚、「HB、2B、4B」の鉛筆、練りゴム、測り棒(ペン型伸縮の指示棒推奨)、木炭紙用のデスケール(あったら便利ですが無くても大丈夫です)

その他
キャンセル待ち承ります

講師詳細

卯野 和宏(ウノ カズヒロ)
1978年茨城県生まれ。2002年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。2004年武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース修了。2010年白日展三洋美術賞受賞。作品収蔵ホキ美術館、日南町美術館ほか。