ゴーガン「説教のあとの幻影」 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 小泉 順也(一橋大学教授)
講師詳細

 ポール・ゴーガンが1888年に描いた《説教のあとの幻影》は、印象派からの影響を脱して、新たな領域を切り拓いた記念碑的な作品です。タヒチに渡航する前のゴーガンはブルターニュ地方を頻繁に訪れ、試行錯誤を続けていました。その集大成とも言える本作は、斬新な色彩や技法を用いながら、「天使とヤコブの闘い」という旧約聖書の伝統的な主題を絵画化しています。今回の講座では、ゴーガンの生涯のなかでもブルターニュ時代に焦点を当て、同地において独自の造形性を追究した思索と冒険の軌跡をたどります。(講師・記)

※図はポール・ゴーガン《説教のあとの幻影》1888年 スコットランド・ナショナル・ギャラリー

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/22
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

小泉 順也(コイズミ マサヤ)
1975年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)取得。現在、一橋大学大学院言語社会研究科教授。専門はポスト印象派を中心としたフランス近代美術。共著に『パリⅠ 19世紀の首都』(竹林舎)、『個人的なことと政治的なこと』(彩流社)ほか。