歴史のダイヤグラム  鉄道に見る日本近現代史 出版記念講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 原武史講師
  • 原 武史(放送大学教授)
講師詳細

 9月に出版された『歴史のダイヤグラム 鉄道に見る日本近現代史』(朝日新書)は、朝日新聞土曜版beに2019年10月から連載を始めた同名のエッセイの21年5月分までをまとめたものです。
鉄道が結んだ小さな出来事と大きな事件、それによって浮かび上がる全く知らなかった日本近現代史とは?
本講義では鉄道という切り口で歴史と社会を読み解きながら、今なお続いているこの連載が、いかなる経緯から始まったのか、ネタはどのようにして見つけるのか、文章を書くに当たり心がけている点や苦心している点はどこか、写真はどうやって見つけるのか、今後はどういうネタを考えているのかなど、本をめぐるあれこれについてお話しいたします。 (講師・記)

「歴史のダイヤグラム 鉄道に見る日本近現代史」 原 武史 著 朝日新書
ISBN:9784022951397
定価:935円(税込)
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23125

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

教室受講は満席になりました。
オンラインでの受講を希望される方は当日12/4に下記ページよりお申込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/283a5d5a-c614-44ad-674c-61a9cafce190

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/12/4
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

原 武史(ハラ タケシ)
1962年生。早稲田大学政治経済学部卒業。国立国会図書館、日本経済新聞社勤務(宮内庁記者会に所属し、昭和天皇の病状報道に従事)を経て、東京大学大学院博士課程中退。明治学院大学教授を経て2016年より放送大学教授。専攻は日本政治思想史。近現代の天皇、皇室、神道、鉄道や団地などをテーマにしている。著書に『<出雲>という思想』(講談社学術文庫)、『「民都」大阪対「帝都」東京~思想としての関西私鉄』(講談社選書メチエ・サントリー学芸賞受賞)、『大正天皇』(朝日選書・毎日出版文化賞受賞)、『滝山コミューン一九七四』(講談社文庫・講談社ノンフィクション賞受賞)、『昭和天皇』(岩波新書・司馬遼太郎賞受賞)、『団地の空間政治学』(NHKブックス)、『皇后考』(講談社学術文庫)、『「昭和天皇実録」を読む』(岩波新書)、『平成の終焉』(岩波新書)、『レッドアローとスターハウス~もうひとつの戦後思想史』(増補版・新潮文庫)、『天皇は宗教とどう向き合ってきたか』(潮新書)など多数。近著に『地形の思想史』(角川書店)。