ナメクジの生物学

  • 宇高寛子さん
  • 宇高 寛子(京都大学助教)
講師詳細

ナメクジと聞くと、体の表面がべたっとしていて気持ち悪い、塩で溶けてなくなる生き物というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。では、なぜナメクジの体はべたっとしているのでしょうか?本当に塩で溶けてなくなるのでしょうか?日本に生息する外来種ナメクジでの研究を取り上げつつ、ナメクジとはどのような生き物なのかを解説していきます。(講師・記)

受付一時中止

注意事項

新宿教室の休業のため、日程が変更になりました。現在調整中です。(5/12更新)

日程
2020/6/21
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

宇高 寛子(ウダカ ヒロコ)
京都大学大学院理学研究科・助教。大阪市立大学大学院理学研究科後期博士課程修了。博士(理学)取得。大阪市立大学で特任教員、ウェスタンオンタリオ大学(カナダ)での研究員などを経て。2014年4月より現職。主な著書:「ナメクジ-おもしろ生態とかしこい防ぎ方」(共著・農山漁村文化協会)、「貝のストーリー「貝的生活」をめぐる7つの謎解き」(共著・東海大学出版部)。